オーダースーツ着用において知っておくべきボタンとポケットのマナー

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツの着こなしをより洗練させてくれるマナーとは?

基本マナーを知っておくことの大切さ

自分のために誂えたオーダースーツを身にまとうなら、お洒落に着こなしたいと思うのは当然かもしれません。
確かにオーダーメイドは、ビジネスマンとしての貴方の個性を強調するのに最適な服装です。
しかしそれも、基本をしっかり押さえた上での話です。
スーツ着用におけるマナーの基礎を疎かにすると、折角のオーダースーツの良さが台無しになってしまう可能性があります。

スーツ着用におけるボタンとポケットのマナー

アンダーボタンの扱い方

スーツのフロントに複数のボタンが付いている場合、全てのボタンを留めるのはNGです。
1番下のボタンは必ず開けておかなければなりません。
これをアンダーボタンマナーと言います。
2つボタンなら問題ありませんが、多少迷うのは3つボタンです。
1番上のボタンが飾りの「段返り」となっている3つボタンスーツでは、真ん中のボタンのみを留めます。
これに対して上2つ掛けの3つボタンスーツでは、上の2つボタンを留めるのが普通です。
また着席したらスーツのボタンは全て外すようにしましょう。
座る前にさり気なくボタンを外し、立ち上がる際にサッとボタンを留めるのです。
オーダースーツの着こなしが、より洗練されて見えます。

ポケットのフラップ

ジャケットのポケットに付いている蓋の部分をフラップと呼びます。
元々、ホコリや雨などからポケットを保護するために作られました。そのため屋外では出しておき、室内ではポケットの内側に仕舞うというのが基本マナーです。
尤も、屋外であってもパーティーのような畏まった場では、内に入れておく方が多いようです。
フラップの扱いで最悪なのは、片方のポケットではフラップを出しているのに、もう片方のポケットではフラップを仕舞っているケースです。
またポケットにモノを入れすぎて膨らんでいるのも、印象が良くありません。気を付けてください。

シルエットの美しさに欠かせないボタンマナー

スーツの着こなしにおいて、ボタンマナーはその決め手になると言われています。
大切なのは、姿勢の変化によってスーツのシルエットが崩れないようにすることです。
シングルスーツのボタンの留め方は上記の通りですが、ダブルスーツの4つボタンや6つボタンの場合は、体型に合わせてボタンの留め方を決めます。
オーダースーツでダブルスーツを依頼するなら、着こなし方についてもお店の方に相談してみるようにしましょう。