オーダースーツは3つの製作方法により異なった相場が形成されている

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツは3つの製作方法により異なった相場が形成

オーダースーツの相場っていくらぐらい?

オーダースーツは、オーダーする内容により3つに分類されます。パターンオーダー・イージーオーダー・フルオーダーの3種類があり、それぞれ、作り方の手間によって相場が変わってきます。
ちなみにパターンオーダー・イージーオーダー・フルオーダーの順に上がっていきます。

オーダースーツの種類ごとの価格相場の設定

種類により相場の違うオーダースーツ

オーダースーツを注文する場合には、パターンオーダー・イージーオーダー・フルオーダーの3種類がありますが、製作方法により、それぞれの相場が異なってきます。

オーダースーツの製作方法

パターンオーダーとは、お客さまの体形に近いサンプルスーツを試着してもらい、そのスーツを基に着丈や袖丈などを微調整し、お客さまのフィット感やサイズ感を加味して製作する方法です。
既製服に近いもので、大量生産する既製服の工程の中で作ることができるために、価格的には20,000~50,000円程度と安い相場となっています。
イージーオーダーは、メーカーの工場が保有している型紙をベースにして、デザインの補正や体形の補正を加えて製作します。
パターンオーダーよりもデザインへのこだわりがあるお客さまに好評です。
価格的には50,000~200,000円程度と中程度の相場となっています。
フルオーダーは、お客さまのすべての要望を聞き、お客さまの体の採寸を行い、型紙を起こして、仮縫いをし、お客さまにフィッティングをして、調整後仕上げていくという製作方法を取っていますので、費用と製作日数のかかる方法です。
最高のオーダースーツを長く愛用していきたい、世界中に唯一無二のスーツを求めたいというお客さまに、最適な製作方法です。
価格的には200,000~1,00,000円以上程度と非常に高価な相場となっています。

納得のオーダースーツの相場

オーダースーツを注文する場合には、スーツを使う目的によって、相場が異なってきます。
営業マンのように毎日着ていく場合には、消耗品という位置づけで考えて、パターンオーダーにて作って、1~2年で着倒してしまう考えがいいかもしれません。
ご自分の魅力を最大限に表現したい場合には、相場としては高くなりますが、フルオーダーで作ることもいいのもいいのかもしれません。