紳士的な立ち振る舞いで、オーダースーツの似合う男性になろう

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 紳士的な立ち振る舞いがオーダースーツを引き立てる!

オーダースーツの似合う男性になろう! 紳士的な立ち振る舞いのコツをご紹介

せっかくオーダースーツをあつらえたなら、オーダースーツの似合う紳士としての立ち振る舞いにも気をつけた方が良いものです。
そこで、今回は「紳士としての立ち振る舞い」をテーマに、格好良く見える所作のコツなどをご紹介します。

オーダースーツの似合う紳士になるための立ち振る舞いのコツ5選

オーダースーツの似合う紳士的な立ち振る舞いのポイントを、身だしなみから心構え的なものまで、5点ご紹介します。

・シャツに清潔感があること…汗による黄ばみや汚れは言語道断ですが、紳士的な装いとしてアイロンがきちんとかかっていることも重要です。袖丈は、手を下ろした時に上着の袖口から1cm出る程度のものを選びましょう。

・足元の手入れが行き届いていること…せっかくのオーダースーツに合わせるのなら、靴や靴下も重要なポイントです。紳士らしくきっちりと磨き上げられた黒の靴を着用し、靴下はネイビーやグレー、黒色などを選びましょう。また靴下の着用については、足を組んでもスーツの隙間から肌が見えないようにしましょう。

・姿勢を意識していること…姿勢とは、体勢的な姿勢と、紳士としての立ち振る舞いへの姿勢の両方の意味があります。オーダースーツに見合うよう、きっちりと背筋を伸ばし、颯爽とした立ち振る舞いを心がけましょう。また、基本としてのしっかりした挨拶や、周囲の人への丁寧な対応も、紳士的な立ち振る舞いのポイントです。

・行動が冷静でテキパキしていること…紳士たるもの、予想外の出来事が起きても冷静にその場の状況を俯瞰し、テキパキとした行動で対処することが大切です。これは、仕事上の姿勢においても言えるポイントです。

・目指すスタイルがあり、堂々としていること…頭の中に「理想の紳士像」を思い浮かべ、それに見合う立ち振る舞いを心がけると良いです。また、こだわりや素敵な将来の展望を持つ男性は輝いて見えます。

内面的にも外面的にも紳士的な立ち振る舞いの男性になり、オーダースーツを着こなそう

外見的な視点から内面にまつわる要素まで、5点の「オーダースーツの似合う紳士的な立ち振る舞いのコツ」をご紹介しましたが、いかがでしょうか。
身だしなみにも気を使い、内面的にもオーダースーツの似合う紳士的な振る舞いを心がけて、誰もが一目置くような、内側も外側も格好良い男性を目指しましょう。