スーツの生地のウールとポリエステルの違いメリットとデメリット

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツの素材で耐久性が変わるその素材のメリットを解説

スーツの素材には主に2種類のタイプがある

スーツには主に2種類の素材のタイプがあります。ウールそしてポリエステルです。一般的に天然素材であるウールは高価なため高級スーツに多く使われます。一方、化学繊維であるポリエステルは安価なスーツに多く使われます。また、コストや機能性の問題から両者を混紡させたスーツも存在します。

スーツについて高い素材のメリットとは

原糸が細かいためきめ細かく化学繊維に対して非常に立体感のある外観が特徴です。
加えて通気性の良さも魅力の一つです。
暑い時期、外回り等で汗をかく機会の多き方にとって涼しさを感じられるスーツは大きな魅力です。
一方、デメリットの一つとして耐久性が低いことが挙げられます。
生地が薄く、通気性に優れた一方で、経たりやすいという問題点があります。
このような問題点を解消するため、敢えてポリエステルを混紡10%程度しているスーツもあります。
通気性の良さを維持しつつ強度を増した状態のため、機能性にも優れた一着だといえます。

安い素材のメリットとは

安い素材は価格の安さが最大の魅力ですが、前述のとおり高級なものよりも耐久性が優れている点がそのメリットとして挙げられます。
また、高級スーツよりも素材の原糸が粗い分、通気性で劣るために熱がこもりやすいというデメリットもあります。
とはいえ、例えば寒い時期であったり、あるいは冷房が効いているオフィスでの作業が中心であったりする場合、必ずしもこれがデメリットとはならないケースもあります。
敢えて保温性の優れたスーツとして選ぶという選択肢もあるといえるでしょう。
また、ウールとポリエステルの比率が50%混紡のモデルも存在します。
値段も安く100%ポリエステルより高級感のあるのが特徴です。
また、耐久性も高いのも魅力です。

スーツの素材選びでベストな一着を

素材という分野に注目してのスーツ選びですが、値段やブランドだけではなく、自分にとって最も使いやすい目的ごとに例えば季節や着用する場所すなわちTPOで選んでみることです。
普段選択肢に入っていなかったような思わぬ一着が目に留まるようなこともあります。