オーダースーツ姿を向上させるために鍛錬すべき筋肉の部位

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツを格好良く着こなしたいなら筋肉を鍛えましょう

スーツが似合う体型とは?

オーダースーツの魅力は、痩せている方にでも太っている方にでも、それぞれの体型に合わせたベストのスーツ姿を提供してくれることにあります。
一方で、スーツは元来西洋人の体型を前提に作られた歴史を持っています。
そのため筋肉を鍛えて身体つきを西洋風にしていくと、よりスーツ姿が似合うようになるのも事実です。

筋肉を鍛えることで格段に増すスーツ姿の魅力

意識して重点的に鍛えるべき背筋

「筋肉を鍛える」と言うと、まずは腕立て伏せや腹筋を連想してしまいます。
しかし重視すべきは、身体の後ろ側の筋肉です。
西洋人と比較して、日本人の身体付きには背筋が弱いという特徴があります。
これは狩猟民族と農耕民族それぞれの働きにおける身体の動かし方に由来すると考えられており、現代における筋トレ文化の有無もこの差を助長してしまっているようです。
とっておきのオーダースーツを着ても、後ろ側に張りが無いと、前方にダランと垂れたような印象を見る人に与えてしまいかねません。
背筋を重点的に鍛錬して、ビシッとした格好良いスーツ姿を手に入れましょう。

スーツ姿を見栄え良くするために

スーツ姿をより魅力的に見せるために、鍛えるべき筋肉部位を紹介します。背中部分では、広背筋と脊柱起立筋です。
広背筋は面積が広く、この部位を鍛錬することで「広い背中」「頼りがいのある後ろ姿」を強調することが出来ます。
脊柱起立筋を鍛えると、背筋が伸びてスマートな印象になるでしょう。
他には男性としての逞しさに直結する大胸筋、首から肩に掛けてのラインを美しくする僧帽筋、肩幅を広く見せる三角筋、お腹と腰周りを引き締める腹筋(腹直筋など)といった部位を意識的に鍛えてください。
表面よりも、身体の中心部に位置する筋や肉質部分がより重要です。
体幹をシッカリさせることで姿勢が改善され、オーダースーツの良さを更に引き出すことが出来るようになります。

治すべき猫背

日本人特有の姿勢の悪さに、猫背があります。
猫背の方は、オーダースーツ姿の印象も良くありません。
猫背解消のためには、上半身だけでなく下半身も鍛える必要があります。
お尻にある大臀筋や太股裏のハムストリングなど下半身の後ろ側の部位も鍛錬してください。
猫背が治ると、立ち姿だけでなく、座った姿勢や歩き姿も改善されます。
太股前面の太腿四頭筋を併せて鍛えることで、スラックスがピシッと似合うようになるでしょう。