結婚式にネクタイピンを付ける!使い方のマナー講座

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 結婚式にネクタイピンを付ける!使い方のマナー講座

結婚式にネクタイピンを付ける!使い方のマナー講座

ビジネスマンであれば、ネクタイピンを着用している方も多いでしょう。そんなネクタイピンは、結婚式の場面ではどのようなマナーがあるのでしょうか。今回は、結婚式にネクタイピンを付ける時のマナー講座を解説していくので、参考にしてみてください。

結婚式にネクタイピンを着用してもいいのか?

結婚式のマナー講座としては、ネクタイピンを着用するのは、別段問題はありません。特にマナーで決められることではないため、ネクタイを抑える手段として活用してみてください。

またオシャレ感を演出するためには、むしろネクタイピンを着けていた方が、上品で大人な雰囲気を作り上げることができます。

ただ使用するネクタイピンは、ビジネスシーンで活用している物よりも、結婚式用のネクタイピンを利用した方が、遊び心があって華やかな印象を与えることが可能です。

格式の高いホテルウエディングや神社挙式では、ネクタイピンの存在がより際立ちます。上品でビジネスマンとしての評価を高めるきっかけになるので、出来るだけネクタイピンは着けた方がいいでしょう。

野外でのネクタイの動きも、ネクタイピンによって抑えることができるので、利用すれば品格のある大人を演出することができます。

結婚式におすすめのネクタイピン

結婚式に利用するネクタイピンのデザインは、マナー講座的には、どのような物でも問題ありません。ただ結婚式さを演出するデザインのネクタイピンの方が、華やかな印象を与えることができます。

結婚式でおすすめのネクタイピンとしては、ゴールドやシルバーがおすすめです。落ち着いた雰囲気で、大人な男性を演出することができます。

基本的に、結婚式といったフォーマルシーンでは、ブラックやグレーといったスーツの色合いが多いため、オシャレな雰囲気を演出することが難しいのが特徴です。

そんな時に、他の人と差をつけるためにも、ネクタイピンを取り入れることは大切な要素になります。ゴールドやシルバーの色合いは、華やかであるため、結婚式らしさを演出することが可能です。

ネクタイの色とピンの色を合わせれば、統一感が生まれて、オシャレに見せることもできるので、一度試してみてください。

ネクタイピンの付け方のポイント

ビジネスシーンとは違い、結婚式の際に付けるネクタイピンの付け方には、ポイントがあります。ビジネスシーンでは、ジャケットから少し覗いている形で、ネクタイピンを付けるのが基本で、機能面を重視した内容になっているのが特徴です。

しかし、結婚式の場合は、スーツのVゾーンよりも高い位置に付けることで、ファッション性を重視させることができます。結婚式の場合は、ネクタイピンの位置づけとしては、オシャレに見せることが大切であるため、機能性よりもオシャレを優先させるのが付け方としてのポイントです。

ネクタイピンをアクセサリーとして遊ぶことで、華やかな演出を行うことができるので、付け方を意識して、ネクタイピンを利用してみてください。

特に色味やデザイン性にこだわりを持って、ネクタイピンを付けているのであれば、目立つ位置につけておくことは大切なので、オシャレな男性をアピールするためにも、ネクタイピンを活用していきましょう。

まとめ

結婚式にネクタイピンを着用するのは、マナー講座的には大丈夫であることから、安心して利用してみてください。ビジネスシーンとは違い、結婚式の場ではオシャレをイメージさせるアイテムになるので、ネクタイピンの色やデザイン性は、しっかり検討して付けるようにしましょう。

特に華やかな印象にしたいのであれば、ゴールドやシルバーといった色合いのネクタイピンを付けることが重要なので、自分のイメージに合ったネクタイピンを選択して、上品な印象を周囲に与えてみてください。