ネクタイを長く使うコツはシワや汗や汚れのケアが大切です。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ネクタイを長く使うコツはシワや汗や汚れのケアが大切

ネクタイのお手入れについて

ネクタイは、絞めることによるシワや汗やほこりなどによる汚れが付いてきますが、そのままにしていると黄ばんできたり、カビが付いたりして、傷んでくることになります。
ネクタイを長く使うコツとしてのお手入れ方法について紹介します。

ネクタイのメンテナンス方法

毎日のケア

ネクタイ毎日のケアが長く使うコツです。外したネクタイは、洋服ブラシで丁寧にブラッシングをしてホコリを取り除きます。
ネクタイ専用のハンガーあるいはまるめた状態で箱にしまうことでシワになるのを防ぎます。
気に入ったからといって毎日の着用は避けて、数日は休ませるようにします。

シワがついた時の対応

無理に絞めすぎてシワがついてた場合には、2~3日程度陰干しすることでシワが取れてきます。
それでもシワが取れない場合には、スチームアイロンでスチームを浮かしがけすることで、シワが取れまた脱臭もできることになります。

汚れたときの対応

汚れがついてしまった時には、できるだけ早く布をあてがってたたいて汚れを取ります。
汚れが付いたままで放置しておくと黄ばんできたり、虫食いになったり、カビが発生したり、と折角のネクタイが使えなくなるので注意が必要です。

汗がついた時の対応

汗がついた時には、できるだけ早く水に濡らした布でたたくことで汗ジミを取り、風通しの良い場所で陰干しをします。

クリーニング時の対応

汚れたからといって洗濯機で洗濯することは絶対に避け、クリーニング店でのドライクリーニングで汚れを取ってもらうようにしてください。
丁寧なケアがネクタイを長く使うコツです。

ネクタイを長持ちさせるには

ネクタイは、お気に入りのものを絞める頻度が多くなりますが、長く使うコツは、毎日の使用は避け隔日にすることが必要です。
シワがついた時には数日の陰干しやスチームで浮かしがけすることで取れます。
汗や汚れがついた時には、できるだけ早く汗ジミや汚れを取りようにします。
ネクタイの洗濯は、自宅での洗濯は避けクリーニング店にドライクリーニングを依頼しましょう。