ネクタイのシーンによって使い分けられている種類の紹介です

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ネクタイのシーンによって使い分けられている種類の紹介

ネクタイの豆知識探検

ビジネスマンであれば普段から見慣れているネクタイですが、そのネクタイにはいろいろな種類があるのをご存知ですか。
使用するシーンによってフォーマルからカジュアルまで使えるようにネクタイにはいろいろな種類があります。
ここでは、ネクタイのいくつかの種類について見ていきましょう。

ネクタイの種類と使われ方

ネクタイの種類

ネクタイには、幅タイ、角タイ、カットタイ、蝶タイ、アスコットタイ、ボーラタイ、などのいろいろな種類があります。
幅タイは、昔から使われている種類で、先端が剣先のような形状をしていて、ビジネスから冠婚葬祭まで広く使用されている種類です。代表的な柄には、タータンチェック、マドラスチェック、ギンガムチェック、があります。
角タイは、先端が水平になっているので、スクエアタイともいわれていてカジュアルな服装に使用されています。代表的なものにニットタイがあります。
カットタイは、先端が斜めにカットされた形状をしています。最近ではこの種類は見かけなくなりました。
蝶タイは、蝶結びになっているネクタイのことを言い、ボウタイとも呼ばれます。
アスコットタイは、一見してスカーフを巻いているような形状をしている種類で、上品かつエレガントに見えるので、結婚式やパーティーなどで使われています。
ボーラタイは、リボンタイやコードタイといった形状の種類がありますが、省エネルックとして中高年に人気であったループタイが大流行した時期があり、ループタイが一般的な種類となっています。

ネクタイの種類と特徴

ネクタイには、幅タイ、角タイ、カットタイ、蝶タイ、アスコットタイ、ボーラタイ、などのいろいろな種類があり、シーンによって使い分けられています。
一般的にビジネスから観光葬祭まで広く使用されているのは幅タイで、流行によって幅が広くなったり狭くなったりと変遷していっています。
幅タイの柄はチェック柄が主流となっています。角タイはニットタイが代表的でカジュアルなシーンで使用されています。