オーダースーツのデザインが時代遅れにならないように注意しましょう

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツの魅力を損ないかねない『時代遅れ』のポイント

時代の流行と個性の演出

オーダースーツを注文するなら「現代的で格好良いスタイルにしたい」と思われるのが当然です。『時代遅れ』は避けなければなりません。けれど一見『時代遅れ』であっても『個性の演出』としては最適なケースもありますので、オーダースーツのスタイルについては、テーラーや店員と良く相談しながら決定することをお勧めいたします。

『時代遅れ』のスーツを見極めるポイント

現代的なシルエット

スーツの流行で最も注目すべきポイントは、シルエットでしょう。緩いシルエットは、時代遅れのスーツに見られる代表的なデザインと言えます。現在のスーツは、タイトでスリムなシルエットが主流です。重厚な雰囲気やラフな感じのスーツを好む方も居られるでしょうが、ダボッとした印象のデザインは、流行とは関係なく、見た目があまり良くありません。スーツをオーダーする場合は、タイトなシルエットを基本に考えるべきです。

スーツの流行を見極めるポイント

シルエット以外のスーツの流行では、ショルダーラインやフロントカット、ラペル(下襟)などが重要です。一昔前のスーツは分厚い肩パットによって、ショルダーラインを強調していました。現在はナチュラルなショルダーラインが主流です。怒り肩に見えるスーツは時代遅れなので、注意しましょう。フロントカットについて述べると、昔のスーツは狭く、現代のスーツは切れ込みが深くなっています。ラペルの選択は、やや難しいです。広いラペルのスーツは古くさい印象を与えやすい一方、広いラペルでお洒落なスーツを仕立てているブランドもあるからです。オーダースーツで迷った際は、標準的なラペル幅にするのが無難でしょう。

個人の好みが大切な生地

スーツの生地は、個人の好みが流行より重要です。一応現在主流となっているスーツの生地は軽やかで滑らかなタイプですが、やや硬めでザラザラした感触の生地を好む方も居られます。

体格との兼ね合いが大切なスラックスのデザイン

スラックスについては、あまり流行は関係ありません。ただ現在は、ストレートタイプより、タイトなタイプが好まれる傾向にあります。流行の最先端は、裾に向けて絞られていくデザインで丈も短めのスラックスです。ただこのタイプは、気を付けないとシルエットが不格好になってしまう可能性もあります。オーダースーツのスラックスは、自身の体型に合わせることを最優先にしましょう。