ワンクッションなど裾上げによって変化するオーダースーツのイメージ

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ワンクッションの裾上げが似合うオーダースーツとは?

スラックスの裾上げの仕方で貴方のイメージは変わります

スラックスはスーツスタイルの凡そ半分の面積を占めます。スラックスのデザインは、オーダースーツを仕立てる上でジャケットに負けず劣らず重要です。
ワンクッションやノークッションなど裾上げの種類についても、どれが自分の足もとをより良く演出してくれるかを考えましょう。

スラックスの裾上げで足もとをコーディネイトしましょう

ワンクッションはオーソードックスな裾上げ

どのタイプの裾上げが貴方のオーダースーツには似合うでしょうか?
スラックスの裾が履いている靴の甲の部分に当たったあとに1折りできるくらい長さに余裕がある丈を、ワンクッションと言います。以前から裾上げの主流でした。
細身では無い、具体的には裾幅が22㎝以上のスラックスではお勧めの裾上げです。
ブーツカットやフレア、ベルボトムのような裾が太めのパンツに似合います。

無難な印象のハーフクッション

スラックスの裾が履いている靴の甲に微かに触れる程度の丈が、ハーフクッションです。
履いている靴によって丈の調整が変化しますので、スーツを着る際に最も良く履く靴でオーダースーツの裾上げは行いましょう。
スラックスの裾が靴に掛かっているか掛かっていないか、どちらの状態が自分に似合うか判断に迷う時はハーフクッションにしておけば取りあえず問題はありません。

細身のスラックスに似合うノークッション

裾幅18㎝以下の細身のスラックスには、ノークッションが似合います。
ノークッションでは、スラックスの裾は履いている靴の甲には当たりません。
印象がカジュアルになるためスーツ向けではないとされてきましたが、近年ではスラッと見えるスタイリッシュさに人気が集まり、足もとのコーディネイトに活用するビジネスマンも増えています。

ワンクッションの裾上げは足もとを落ち着かせます

オーダースーツの製作依頼では、自分の好みだけでなく、ビジネスの相手や周辺の人々へ与える印象を考慮することも大切です。
スラックスの裾上げをワンクッションにすると、足もとに余裕と落ち着きが感じられるようになります。
ハーフクッションのノーマルさやノークッションのカジュアルさなど、裾上げの種類によってスーツ姿のイメージは意外に大きく変化するので、靴の種類と合わせて裾丈にも関心を持つようにしましょう。