オーダースーツのどの価格帯の品が部長職には相応しいか

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツを始めとする高品質の装いが求められる部長職

ビジネスの現場において重要な役割を果たすスーツ

服飾としてのスーツのデザインには大きな差異はありませんが、だからこそ細かな仕立てや素材、着こなし具合の意味するところは重要です。着用するスーツによって、貴方がビジネス相手に与える印象は少なからず変わります。部長のような組織で重要なポジションに就いている方は、スーツ選びを取りわけ慎重に行う必要があるでしょう。

管理職に相応しいスーツ

部長職にお勧めするスーツの価格帯

スーツの価格は多様です。安い価格では1万円台から品があり、100万円を越える高級品を仕立てることも出来ます。但しスーツの質には、ある程度の目安となるラインがあるので、そこに注目するとご自身に合った品を選びやすくなるでしょう。まずは4万円を越えるとスーツの品質がグッと良くなり、外れを掴んでしまう心配が無くなります。次いで13万円前後から厳選された素材を丁寧に仕上げた高級ブランドスーツを購入できるようになります。部長クラスの方には、だいたいこの価格帯(10万~25万円)のスーツが相応しいと言えるでしょう。

コスパの良いオーダースーツも

10万円を越えたスーツとなると、既製品では無くご自身の体格に合わせたオーダースーツであることが普通です。仕事がら、高級なスーツを着用しにくい立場の方も居られるでしょう。しかしオーダースーツの中には、3万円前後の価格から販売されているコストパフォーマンスの良い品も多く存在します。管理職の立場の方は、高級品では無くても最低限見栄えが良くなるオーダースーツを着用するようにしましょう。またオーダーメイドの中にはある程度決まったパターンから体型に合わせて調整するセミオーダータイプもありますが、フルオーダーをセミオーダーにする代わりに生地や素材のグレードを上げるやり方もあります。

昇進の際は身だしなみの一新を

高価格のスーツは生地や素材も高級なものを使用していますので、品質を維持するためのお手入れも欠かさないようにしてください。また高級なスーツに似合うだけの靴やビジネスバッグ、名刺入れなどのアイテムを揃えておくことも大切です。部長や課長など組織において重要なポジションに昇進された方は、それに相応しい装いが求められることを忘れないようにしましょう。