オーダースーツを作るなら引き立て役として優秀なシャドー柄がお勧め

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツの柄を工夫し貴方の存在の引き立て役にしましょう

自身を引き立ててくれるスーツを選ぶことの大切さ

オーダースーツで迷ってしまうのがスーツの柄です。自分に似合っているかどうか、Vゾーンと馴染むかどうかという問題がまずあります。また地味すぎると周囲に埋没する可能性があり、派手すぎると悪目立ちしてしまう危険性が存在します。大切なのはオーダースーツがご自身をより良く見せる引き立て役になってくれるかどうかです。ビジネスの場の主役は貴方自身であって、スーツでは無いのです。

個性と落ち着きのバランスが取れたスーツ柄

スーツの柄の主な種類

スーツの柄は大きく無地、チェック、ストライプの3種類に分かれます。黒無地と紺無地はスーツの基本ですので、スーツに不慣れな方や新社会人にお勧めです。リクルートスーツの柄としても良く用いられます。ストライプの柄は、間隔が広いほど力強い印象になり、間隔が狭いほどエレガントになります。チェック柄に関しては格子柄が代表的です。柄が大きいほどパワフルな印象になります。

個性の引き立て役になるスーツ柄

オーダースーツの柄を派手にはしたくないが、無地だと味気ないと思われている方には「遠目には無地に見えるが、近寄ればストライプやチェックの模様が入っていることが分かる」タイプがお勧めです。サメ肌と呼ばれるシャークスキンや織柄でチェック模様を表現しているシャドーチェック、針の先で引っ掻いたようなデザインのピンチェックなどがあります。近年特に人気が高いのが、無地に縦線の織柄が入っているシャドーストライプです。リクルートスーツとして活用する就活生も増えています。またシャドーストライプと似た柄でヘリンボーン(ニシンの骨)ストライプと呼ばれる模様もありますが、両者は混同されやすいので注意しましょう。これらのデザインのスーツは、一見控えめながらも個性の引き立て役になってくれます。無地のスーツと比べて汚れや生地の傷みが目立ちにくいのも特徴です。

Vゾーンとの兼ね合いも良いシャドー柄

オーダースーツの柄において「距離が離れていると無地に見えるが、1メートルほどの近さになるとストライプやチェックの模様が分かる」タイプがいわゆるシャドー柄です。シャドー柄はどのようなネクタイやシャツの種類にも比較的合いやすいという利点があります。Vゾーンが控えめだと端正な雰囲気になり、Vゾーンが派手めだと華やかながらも洒脱な雰囲気を演出してくれるためです。シャドー柄は、他の衣装の引き立て役としての役割もシッカリ果たしてくれます。