オーダーメイドでジャケットを作る3つのポイントとは

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダーメイドでジャケットを作る3つのポイントとは

オーダーメイドでジャケットを作る3つのポイントとは

オーダーメイドでジャケットを作ることによって自分により合う仕上がりが実現します。既製品の場合はサイズが微妙に合わない場合があるとともに、個性を引き立たせるのが難しいです。しかし、問題となるのはプロのテーラーに依頼するにあたっての知識がないことでしょう。いくつかのポイントを抑えておけば、失敗することはなくなるからこそ事前に把握しておきましょう。

秋冬ものをオーダーメイドすべき理由について

オーダーメイドでジャケットを作る場合、ポイントになるのは秋冬ものを選択することです。夏場にはジャケットを必要としない場合も多く、クールビズが浸透した影響も大きいです。夏用の場合は高温多湿で汗をかきやすいため、汗が染みこんで生地が傷みやすいのが難点といえます。

秋冬用の場合は汗をかきにくく、美しく仕立てるためにアイロンワークの技術を生かしやすい厚手のウールも採用されています。着用する機会の多さと仕立ての美しさを考えるにあたって、秋冬用ものを選択するのがポイントであるのは間違いありません。

質の高いテーラーを選択するのが肝心

テーラーとの打ち合わせの際には具体的なイメージを伝えることも大切です。初めてジャケットをオーダーメイドする場合はまだイメージが固まっていないのが普通であるものの、着用シーンは想定できるはずです。ビジネスシーンや休日の外出など、着用シーンを決めておくことでデザインやディテールをテーラーが適切な提案してくれます。打ち合わせをするときはパンツの長さを調整するために革靴を履いておくのもポイントです。

そして、質の高いテーラーを選択することを強く意識しましょう。装飾のプロフェッショナルとしてさまざまなアドバイスをするのが仕事であるものの、自分の意見を押し付けてしまうテーラーもいます。納得ができなければテーラーを変えることも視野に入れた方がよいでしょう。質の高いテーラーは複数の縫製工場と取引し、特徴によって依頼する工場を変えられるのも強みです。お客様にとって最上の選択とするために必要な準備を整えており、それぞれに適したアドバイスをするだけではありません。

コストパフォーマンスに優れることが条件

オーダーメイドのジャケットは高価な品物であるため、何着も購入できるわけではありません。コストパフォーマンスに優れることが非常に重要となります。お直し保証が有償か無償かの違いは大きく、最初の1着を何度も調整していけば、余計な費用がかからなくなります。初めてオーダーメイドのジャケットを作る場合はオンライン注文よりも実店舗に足を運ぶのがおすすめです。正確に採寸しないと微妙にサイズが合わない場合もあります。

生地を選択するにあたっては妥協しないようにしましょう。生地の選択によって出来上がりの印象が決まるといっても過言ではありません。どういった特徴のある生地かを知り、自分の理想とする仕上がりに近づく選択をしましょう。そして、コストパフォーマンスに優れることを条件とすれば失敗はほぼありません。既製品を何着も着つぶすのではなく、1着を長期的に着ることを前提に考えて作っていくため、必要最低限の費用で抑えるのが肝心です。

まとめ

オーダーメイドのジャケットを作るのが初めてだと勝手が分からず、敷居の高さを感じる場合もあるはずです。高価な一品となるからこそ、失敗しないためのポイントを頭に入れて対応していきましょう。秋冬ものを選択し、質の高いテーラーに依頼するのが基本です。そして、コストパフォーマンスに優れることを条件とすれば、失敗することはまずありません。分からないことが多くとも、必要最低限の知識を知っていればよりよい選択に近づいていくでしょう。