既製品と違い、オーダースーツにはどのような魅力があるのでしょうか?

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 既製品とオーダースーツの違いを購買者の立場から考えます

既製スーツとオーダースーツ

販売されているスーツは、大きく既製品とオーダーメイドの2種類に分けられます。
既製スーツのメリットは手軽さと低価格ですが、選べるデザインやサイズに制限があるため、体型が標準的では無い方やスーツにこだわりをお持ちの方が満足のいく品を見付けるのは困難です。
オーダースーツなら、そのような不満を感じることはありません。

既製スーツには無いオーダースーツの魅力

オーダーメイドの魅力①フィット感

既製品とオーダースーツの根本的な違いは、スーツを着用した際のフィット感です。
「自分は標準体型なので大丈夫」と思って居られた方も、いざ既製スーツを身にまとうと違和感を覚えるケースが多いようです。
既製スーツは日本人の平均体型を基準に作られているのですが、サイズがピッタリ合う方は10人に1人程度だと言われています。
そのため既製スーツしか着てこなかった方がオーダーメイドに袖を通すと、その着心地の良さに驚くことになります。
また当然ながら人間の身体は立体で凹凸があります。
既製スーツより立体裁断を念入りに行うオーダーメイドは、お客様の身体にジャストフィットする割合が大きくなるのです。

オーダーメイドの魅力②サイズ調整

オーダースーツは既製スーツと違い、サイズ調整における自由度がかなり高いです。
既製品がコスト削減のために縫い代を極力少なくしているのに対して、オーダーメイドは後々の調整を考慮して縫い代に余裕を持たているからです。

オーダーメイドの魅力③デザインと色柄

オーダーメイドと既製スーツの違いにおいて、多くの方の興味を惹くのが、デザインと色柄の選択です。
オーダーメイドなら、好みのデザインに多様な色と柄の生地を組み合わせることが可能です。
ボタンやポケット、裏地やステッチなど細かい箇所にも自分流のアレンジを加えられるため、世界に1着だけのオリジナルスーツを手に入れる楽しみを味わえます。

テーラーとの意見交換

オーダースーツ(特にフルオーダー)の注文では、既製品の購入と違い、テーラーとの深い付き合いが生じます。
テーラーの意見やアドバイスを良く取り入れたほうが、自分1人で思い描くよりも、より理想に近いスーツが出来上がる可能性は高くなります。
別に難しい話では無く、「どのような印象を周囲に与えたいか」「どんな状況で着用するのか」といった自分の考えをテーラーに伝えるだけです。
テーラーとの会話も、オーダーメイドを仕立てる楽しみの1つなのです。