ダサい着こなしにならないためのオーダースーツ取扱いに関する注意点

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ダサいスーツの対極にあるオーダースーツでも油断は禁物

女性から見てダサいスーツとは?

女性から見てダサいと感じられるスーツの着こなしとはどのようなものでしょうか?
シワやホコリなどが目立つスーツは、まず真っ先に挙げられます。
また無地で単色の就職活動で着るようなスーツも、経験を積んだビジネスマンの服装としては減点対象です。
ここではスーツをダサくなく着こなすためのポイントを考えます。

オーダースーツでも着こなし方次第でダサくなってしまうため気を付けましょう

スーツの着こなしにアクセントを付ける

ダサいスーツとは、まず清潔感が無いスーツです。
これは日頃からこまめに手入れすることで回避できます。
またスーツの着こなしに不慣れな方は、どうしても冒険を避けて地味目にコーディネイトしてしまい、結果としてダサくなります。
地味さから脱却するために、スーツ姿のどこかにアクセントを付けるようにしましょう。
オーダースーツを注文する時に、柄やカラー、スタイルなどで1点でも変化を取り入れれば、お洒落度はグンとアップします。
スーツが地味目ならネクタイのカラーや柄を工夫してみるのも1つの手です。

オーダースーツを着ていてもダサくなる可能性

オーダースーツはダサいスーツの対極にある服飾です。
それでも着こなしがダサくなってしまう可能性があります。
例えば靴です。オリジナルのスーツを着ている方でも、靴は既製品であるケースが殆どです。
スーツに似合わない靴を履いていたら、全体的な姿はダサくなってしまいます。
靴下の柄や色にも気を配ってください。
白い靴下はスーツのカラーと合わないケースが多いため、控えたほうが良いでしょう。ネクタイが長すぎたり短すぎたり、ベルトを締めすぎていても、スーツ姿はダサくなってしまいます。
またジャケットの1番下のボタンは外すのが普通です。
全てのボタンをピッチリ嵌めていたりすると途端にダサく見えてしまうので注意が必要です。

既製品とは違ってダサさの心配が無いオーダースーツ

サイズが合っていないスーツはダサく見られます。
既製のスーツだと、自分の体型にフィットする品を見付けるのは大変です。
ジャケットは合っていてもスラックスの履き心地に違和感があったり、肩幅は良くても袖丈が短かったりします。
その点、自分の体型にピッタリのオーダースーツならサイズに関しては心配いりません。
カラーや柄、スタイルもお店の人と相談しながらジックリ選べるので、他の服装とのコーディネイトに注意すれば、間違ってもダサいと言われることは無いでしょう。