結婚式の二次会ってカジュアル?どんな靴を選べばいいの?

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 結婚式の二次会ってカジュアル?どんな靴を選べばいいの?

結婚式の二次会ってカジュアル?どんな靴を選べばいいの?

親しい友人が集まる結婚式の二次会では、結婚式ほどフォーマルな服装ではなくても問題ないことがほとんどです。 しかし、ある程度の服装マナーは意識することが重要になります。 今回は、結婚式の二次会では、どのような靴を選べばいいのか、解説していくので、参考にしてみてください。

結婚式二次会のドレスコードは基本カジュアル

結婚式と比べると、二次会のドレスコードはカジュアルな服装で問題ありません。
ブラックスーツではなくても問題ありませんが、派手過ぎる色や柄は、品位が感じられなくなってしまうので、控えるようにしましょう。

またネクタイや靴についても、水色やピンクといった淡い色でもマナー違反になりませんが、黒色や派手な色はマナー違反になるので、コーディネートには十分注意が必要です。

スーツの柄についてもストライプスーツであれば、ストライプが太くない限りは、オシャレに着こなすことができるため、二次会では着て行っても問題ないでしょう。

結婚式の二次会でおすすめの靴

結婚式の二次会は、基本的にカジュアルな服装で問題ありませんが、何でもいいという訳ではありません。
おすすめなのは黒の革靴かエナメル素材になります。
種類については「ストレートチップ」か「プレーントゥ」がおすすめです。

結婚式で履く靴については、黒であることが基本ですが、カジュアルな二次会であれば、派手な色でない限りは過剰に気にする必要はありません。

中には、ローファーでもOKな二次会のドレスコードもあるので、意外と靴のマナーには厳しくないのが結婚式二次会の特徴です。

二次会であれば、靴は黒色ではなく、茶色の靴でも問題ありません。
ただスーツとの組み合わせもあるので、結婚式と同じスーツで参加する場合は、無難に黒のまま参加した方がいいでしょう。

結婚式二次会でNGな靴

カジュアルな服装でも問題ない結婚式二次会ですが、中にはNGな靴もあります。どのような靴が二次会でも問題になるのか、いくつか紹介していきましょう。

1.カジュアルすぎる靴

基本的に、靴は革靴かエナメル素材のものが妥当です。スニーカーやサンダル、ブーツといったカジュアル過ぎる靴は、マナー違反になる可能性があるでしょう。

あくまでもお祝いの席であるため、平服といっても普段の服装という意味ではありません。ある程度の格式ある靴を履く必要があるので、スーツに合う靴を選ぶようにしましょう。

2.殺傷を連想する素材の靴

ワニ革や動物の毛皮などの動物を殺傷するイメージの素材は、結婚式の二次会でも印象が悪いので控えることが大切です。

そのため、靴の素材が動物を連想させる物は、二次会の席でも履いていかないことがマナーになります。

3.汚れていたり履きつぶした靴

結婚式の二次会でも、清潔感を意識することはコーディネートを行う上では大切な要素です。そのため、汚れていたり、履きつぶしたような古い靴は、二次会の席でも履かないようにしましょう。

出来れば、結婚式の二次会ように、新しい靴を準備して、新品の靴を事前に用意しておくことをおすすめします。そうすれば、汚れや破損が見えない靴を履いて参加することが可能です。

まとめ

結婚式の二次会は、カジュアルなスーツでも問題ないため、ブラックスーツ以外でも大丈夫です。しかし、一定のマナーはあるので、カジュアル過ぎな服装はNGになります。

特に足元は油断する方も多いため、事前にどのような靴が二次会の場に相応しいのか、把握しておくことが重要です。

基本的には、革靴やエナメル素材の靴がおすすめで、高級感や上品な印象を与えることができます。カジュアルといって普段のスニーカーやブーツでは、スーツに合わないので、二次会の席には相応しくありません。

今回紹介した二次会におすすめの靴の種類を参考に、靴を選んでみてください。