オーダースーツの役職者に対する選び方のポイントの紹介について

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツの役職者に対する選び方のポイントの紹介

役職者のオーダースーツの選び方

役職者がスーツを選ぶ際に気を付ける必要があるのは、会社内での対応以外に、社外のお客さまへの対応時には、いわゆる勝負服を着て相手に好印象を与えることでミッションを遂行できることが良くあります。
スーツもいろいろな種類があるので、自分の役職での立場や仕事内容や相手との関係などを踏まえて最適なスーツ選びを提案します。

役職者のオーダースーツのポイント

スーツの価格帯

課長や部長などの役職者になった場合のスーツの最低価格ラインは10万円からで、オーダースーツになると7万円以上となり、フルオーダースーツになると20万円以上となります。
スーツは、仕事服以外に勝負服としての性格ももっていることから、必要に応じて勝負服として高額のオーダースーツを持つことも必要となります。

スーツを選ぶ時の体形とサイズの重要性

それなりの価格帯のスーツを勝負服として選ぶ際には、スーツのスタイルや着た時のシルエットを確認するための試着は必要不可欠です。
試着した時に違和感があればどんなに気に入ったスタイルのスーツであっても選択肢に入れない方がよいです。
自分にフィットしたスーツであるかを何着も試着をして確認する必要があります。
どんなスーツが自分には似合うのかと悩んだら、店員に相談してアドバイスをもらうのが最適です。
スーツを使用したいシーンや自分の気に入っているスタイルや自分の役職の情報などを伝えてアドバイスをもらう方がより最適なスーツを選ぶことができます。
自分ではよいと思っても周りから見ると似合わないという場合もあるので、周りから見た良いイメージも参考にしながら選択することが必要です。
オーダースーツで作る場合には、店員とのコミュニケーションを通じて最適なスーツを作ることができます。

役職者へのおすすめのオーダースーツについて

役職者におすすめのスーツの価格帯は、課長や部長クラスで10~25万円程度で、役員クラスになると25万円以上のオーダースーツがおすすめとなります。
しかしながら、営業などで移動が多い職種でスーツをハードに使用する場合には、高い価格のスーツでない方がよいかもしれません。役職者でも仕事の内容に合わせて選ぶことが必要です。