スーツスタイルの梅雨時の濡れを上手く乗り切るコツを押さえておきましょう

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツスタイルの梅雨時の濡れを上手く乗り切るコツを押さえておきましょう

スーツスタイルの梅雨時の濡れを上手く乗り切るコツを押さえておきましょう

ビジネスマンにとってなくてはならないアイテム、そのひとつがスーツです。上手に着こなしたり着回したりすることで、自分の評価を上げたりモチベーションアップなどにも役立ちます。このようにビジネスに欠かせないアイテムですが、雨の多い梅雨時には注意が必要です。ここでは、スーツスタイルで梅雨を乗り切るコツを紹介したいと思います。

素材選びに注意してください

スーツスタイルで梅雨を乗り切るコツには様々なものがありますが、そのひとつが背広の素材になります。

背広には様々な素材がありますが、雨の多い梅雨の時期を乗り切るためには撥水素材のものを選ぶといいでしょう。誰にでも経験があると思いますが、どのように注意したとしても、雨の日には背広が濡れてしまうことが多いです。そのようにして背広が湿ってしまうと、当然着心地が悪くなり、それだけでもテンションが下がってしまうでしょう。

また、生地によっては濡れジミなどが付くこともあり、そのままではビジネスに支障が出てしまうかもしれません。さらに風合いも悪くなり、クタッという感じでくたびれてもしまうことも少なくありません。当然のことですが、周囲からの印象もよくはないでしょう。

また、素材によっては雨によるシミが致命傷になり、その後の着こなしに大きな影響が出てくる可能性もありますので注意が必要です。そこでおすすめなのが撥水素材のもので、それにより、防水や防汚、さらに速乾の効果も期待できるようになります。

なお、同じような素材の背広以外のビジネスアイテムとしては鞄もありますが、上手く乗り切るためにもこの機会に同じ素材のものを用意しておくと便利です。

雨濡れした後の対処法

いくら注意したとしても、梅雨時は油断してしまうと背広が濡れてしまうこともあるでしょう。そんな時に威力を発揮してくれるのが防水や撥水加工を施したものですが、とはいえ、全てのスーツを撥水加工に施したものにするには時間や予算の面もありますので難しい面があります。そういう時は手軽にできる対処法がありますので、参考にしてみてください。

防水や撥水加工を施していない背広が雨に濡れてしまい、そのまま放置して自然乾燥させる人もいると思います。それはNG行為であり、そんなことをすると大切な背広が型崩れを起こしてしまいますし、さらにシューズなどは革本来が持っている風合いが失われてしまいます。そのため濡れた時はできるだけ早く水分を取り除き、早めに乾燥させるようにしてください。

その場合の対処法ですが、よく乾燥させたタオルで叩くような感じで水滴を拭き取り、ある程度水分がなくなったら、風通しのよい場所に干して乾燥させるのです。シューズも同じですのでコツを押さえておくといいでしょう。

防水スプレーの有効活用

撥水スーツなどの調達が難しい時は、市販の防水スプレーや撥水スプレーなどの活用をおすすめします。ホームセンターやスーパーなどに売っていますので、時間がある時にでも確認してみてください。

そしてスプレーを使用する際は、必ず表面の汚れをしっかり取り除いてから使うようにしましょう。汚れた状態でスプレーをかけてしまうと、その効果が半減することがあるからです。

梅雨時のスーツスタイルを上手く乗り切るためにも、早めに準備しておくことをおすすめします。

梅雨時に濡れた時は早めに対処できるコツを押さえておいてください

雨の多い梅雨の季節のスーツスタイルを乗り切るためには、様々な工夫が必要です。防水や撥水加工を施した素材のものや、雨濡れした後の対処法、さらに市販の防水スプレーや撥水スプレーなどもおすすめです。色んな方法がありますので、それらを上手く活用して梅雨時を上手く乗り切るようにしましょう。