これで完璧!披露宴の服装マナーまとめ

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > これで完璧!披露宴の服装マナーまとめ

これで完璧!披露宴の服装マナーまとめ

結婚式の披露宴に参加するのであれば、たくさんの方がいることから、服装マナーを意識して服装を選択することが大切です。今回は、披露宴で着る服を迷うことがないように、披露宴におすすめの服装マナーについて解説していくので、参考にしてみてください。

披露宴のドレスコードを確認することが大切

オシャレな着こなしをしたいと考えている方も多いですが、披露宴にドレスコードが指定されている可能性もあるので、事前に確認しておくようにしましょう。

披露宴ではフォーマルウェアを着用していくのが一般的です。フォーマルウェアの種類は様々で、披露宴の場合は正礼装や準礼装といった服装が基本になります。

格式は正礼装の方が高く、準礼装の方がカジュアルな印象になるのが特徴です。披露宴のタイプによって、服装を選ぶことが大切なので、正礼装か準礼装かしっかり判断していきましょう。

会場が格式の高いホテルウェディングや神社挙式である場合は、正礼装で参加する必要があります。また新郎新婦との関係が親族の場合も正礼装です。

レストランウエディングなど、少しカジュアルな雰囲気であれば、準礼装でも問題ありません。むしろカジュアルな会場なのに、正礼装で参加すると、場違いな印象になる可能性があります。

女性の服装マナー

披露宴であれば、華やかなドレスを着たいという方も多いですが、フォーマルシーンであるため、ある程度の品があるデザイン性のドレスを選択することが服装マナーとして大切です。

ドレス丈が短い物や肩が出ているドレスは、披露宴の服装マナーとしてはNGなので、選ばないようにしましょう。

また白ドレスも新婦のウエディングドレスとイメージが被ってしまうので、おすすめできません。白に見える淡い色のドレスも選択しないことが大切です。

アクセサリーについても、気を付ける必要があります。基本的にパールなど、華やかで品のあるアクセサリーを選択することが重要で、花嫁と被らない物を選びましょう。

特に生花は、花嫁を着飾るために使用されているため、取り入れないようにすることが大切です。ヘアスタイルもだらしなく見えないように、アップにすることが重要になります。

他にもファーや毛皮、アニマル柄というものは、殺生をイメージさせるため、着用しないようにしましょう。

男性の服装マナー

披露宴での男性の服装マナーは、基本的にブラックスーツを着用することが大切です。光沢のない深い黒色をしているのがブラックスーツになります。ブラックスーツの定番といえば、グレーやネイビーに近い、ダークスーツが一般的です。

また女性の服装マナーと一緒で、新郎と被ることから白のスーツは着用してはいけません。シャツについては、白かサックスブルーを選ぶようにしましょう。

ネクタイについても、白や薄いシルバーなど、淡く明るい色を選択するのが基本になります。ネクタイのカラーが派手であると、悪目立ちしてしまう恐れがあるので、シックな雰囲気のある色合いを選ぶことが大切です。

靴については、カジュアルな雰囲気にならないように、革靴が基本マナーになります。シューズやブーツといった、カジュアルな物はマナー違反になるので、覚えておきましょう。

まとめ


披露宴では、フォーマルシーンであるため、服装マナーは厳しくチェックすることが大切です。特に、白や黒一色は、服装マナーとして違反しているので、着用しないようにしましょう。

また女性の場合は、露出が多い服装は避けて、出来るだけ派手な衣装は避けることが大切です。アクセサリーについても、パールなど上品な物だけを使用するようにしてください。

男性の場合は、ブラックスーツが基本で、白などは新郎と被るので服装マナーとして違反になります。靴については、革靴でシューズといったカジュアルな物は避けましょう。

披露宴はたくさんの方が参列しているので、服装マナーに気を付けて、正しい服装で参加するようにしてください。