革製品愛用者必見!誰でもできる定期的な手入れ方法とは

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 革製品愛用者必見!誰でもできる定期的な手入れ方法とは

革製品愛用者必見!誰でもできる定期的な手入れ方法とは

革製品は使うほど味が出て、大切に扱えば長期的に使えます。汚れを落とさないままだと劣化していき、ボロボロの状態になってしまうのが注意点です。品質を保ちながら長期的に使うためには手垢や黒ずみを落とすことが肝心です。革製品の定期的な手入れ方法はそう難しくはありません。ケースに応じた手入れ方法さえ理解すれば、誰でもできます。

定期的な手入れ方法の基本

定期的な手入れを行う際は、保護クリーム、柔らかい布、固く絞ったタオルを用意しましょう。まず、汚れをまんべんなく水拭きし、手でなでて水分をなじませていきます。次に保護クリームを塗り、薄く広げていきます。仕上げに柔らかい布で軽く乾拭きし、余分な脂を取ってツヤを出しましょう。最後に防水スプレーをかけて完了となります。

定期的な手入れを行うのは革製品を長期的に使うための鉄則ですが、毎日磨く必要はありません。手で触ったときにかさついていると感じたときだけで問題ありません。傷がついてしまったときは優しくこするようにしましょう。汚れ落とし専用の消しゴムを使って、キズを消すこともできます。強くこすると色あせてしまうので、注意しましょう。水に濡れてしまったときは放置せずに絞った布で全体を水拭きしましょう。その後タオルでから拭きして日陰の場所に干すとシミが残りません。

頑固な黒ずみを落とす方法

革製品の手垢を落とすには保護クリームを使い、優しく馴染ませて乾かせば問題ありません。問題となるのは、頑固な黒ずみを落とす場合です。専用のクリームや洗剤を使うのが一般的な手入れ方法となります。インク汚れも専用のクリームを使えば落とすことができます。専用のクリームを使う場合は気になる部分に塗っていき、汚れと馴染ませましょう。次に別の布で汚れと一緒にクリームを抜き取りましょう。最後に乾いた布で拭き取れば完了となります。

洗剤を使う場合はまず表面のホコリや汚れを落としていき、全体に水を馴染ませていきます。次に洗剤を泡立てて革製品を洗っていきます。そして、泡が残らないように取り除き、完全に泡がなくなったら陰干しをして完了です。中性洗剤を使って汚れ落としすることもできますが、革製品にシミをつくってしまうこともないわけではありません。中性洗剤を使用する場合は、目立たない部分でシミにならないかをまずは試してみるのがよいでしょう。

使い始めは月に一度の手入れが必要

革製品はデリケートで使い始めの1年間は月に一度は手入れを意識的に行うようにすべきです。革の表面が落ち着くと傷がつきにくく、もしも傷がついてしまっても目立ちません。使い始めの1年間で長期的に使っていけるかが決まるといっても過言ではありません。1年を過ぎてからは半年に一度を目安とすれば問題ありません。

末永く同じ靴を愛用している方は、定期的なお手入れを欠かしていません。専門店での手入れ方法もありますが、できるだけ自分で対応するのが望ましいです。乾燥やひび割れしてしまってから対応するのは難しく、品質を保つことを前提に考えるようにしましょう。ビジネスマンの場合は革製品を丁寧に扱っていることが相手からの印象をよくする理由にもなります。見られていないと思うのではなく、見られている前提で日々の生活のなかで定期的な手入れ方法を駆使していきましょう。

まとめ

革製品を長期的に使うための手入れはそう難しくはありません。定期的に自分で手入れを行っていくのが基本ですが、必要に応じて専門店での手入れを行っていきましょう。特に注意すべきは使い始めの1年間です。月に一度の手入れを心がけ、いつどこで誰に見られても問題ない仕上がりにしましょう。革製品は何度も買い替えるものではなく、一度購入したものを長期的に使っていきます。手入れの方法さえ熟知していれば、ビジネスマンとして恥をかくこともありません。