急に礼服が必要になっても良いように前もって準備しておこう

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 急に礼服が必要になっても良いように前もって準備しておこう

急に礼服が必要になっても良いように前もって準備しておこう

冠婚葬祭に必要となる礼服はいつ必要になるか分かりません。結婚式であれば前もって知れる事が多いですが、喪服は急に必要になる事が多いです。
しかし、準備していなかったという言い訳は、大人になると通用しなくなりますので、余裕をもって準備する事が大切です。

礼服はいつ買うべきか

衣類の中でも、礼服はいつのタイミングで買うか難しいものです。例えば喪服の場合、身内が大きな病気をしているといった事もない状況で買うのは、少し気が早いように感じられるかもしれません。しかし、悲しい事ではありますが、不幸というのはいつ訪れるか誰にも分からないものです。避けたいのは、急な不幸があった時、喪服がないから普段着ているスーツを着回すといった事です。

全く違うとは言いませんが、ビジネス用のスーツと礼服はデザインが異なります。例えば喪服は基本的にブラックのスーツですが表面には光沢がありません。また、ストライプなどの柄はなく基本的に無地で、黒色は明度が低いのが特徴です。一目で分かるようなはっきりとした違いはありませんが、分かる人が見るとすぐにビジネス用のスーツとの見分けがついてしまいます。そうしますと、マナーをわきまえていない人と思われますので、注意が必要です。

冠婚葬祭用の服をいつ買うべきという明確な目安はありませんが、気づいた時に購入しておくのが一番安心です。通常の洋服とは違い、スーツは注文してから手元に届くまでどうしても時間がかかってしまいます。たとえ既製品であったとしても、裾上げなどの微調整により、長くて1週間程度の時間を必要とする場合もあります。そういった事を考えると、やはり少しでも早い段階に購入しておく方が安心でしょう

礼服の選び方

冠婚葬祭に使う衣類の購入を検討されている方で、どういう風に選ぶのが良いのか分からない事も多いかと思います。まず、必ず注目するべきところは色やその濃さです。黒色にするのはもちろんですが、黒の濃さはより濃いものが良いとされます。黒が濃ければ濃いほど品格が高いとされていますので、オシャレさを追求して中途半端に薄めの黒を選ばないように注意しましょう。

また、冠婚葬祭で着用する衣類は、頻繁に着る訳ではありませんので、長持ちするものを選びます。できれば購入してから10年は使える状態で保っておきたいものです。長持ちする生地であればあるほど良いですし、サイズにも気を付けましょう。体型の変化を見越すのは難しいですが、ほんの少しだけゆとりのあるサイズを買っておくというように、気をつけるべきです。

そしてボタンがシングルかダブルかという違いがあります。礼服の場合、二列にボタンが並んでいるダブルの方が、比較的格式が高いという印象がありますが、ダブルでなければいけないマナーはありませんので、しっくりくる方を選びましょう。

まとめ

礼服は急に必要になるため、可能な限り早めに用意しておく方が安心です。その代わりという訳ではありませんが、着る機会がとても少ない服なので、10年近く持つようなものをご購入される事をおすすめします。

急に結婚式が、という事はあまりないでしょうが、急にお葬式に参列する予定ができる可能性は考えられます。その時にマナー違反と思われてしまわぬよう、適切なスーツを購入しておきましょう。