スーツのアタリやテカリはビジネスシーンでは良い印象をあたえません

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツにアタリやテカリが出てきたら買い替え時期のシグナル

スーツのアタリやテカリは買い替えのシグナル

良質なスーツの生地でも年数がたてば劣化しテカリがでるものです。
テカリのあるヨレヨレのスーツは身だしなみのマナー違反です。
それは買い替えの時期がきたシグナルだと考えましょう。
ボタンが取ることや、多少のシワであれば直すことができますが、アタリやテカリは直すことができないものです。スーツの状態には気をつけて買い替え時期をしっかり判断しましょう。

スーツのテカリが発生してしまう原因

テカリは、同じ部分の生地が何度も擦れ負荷がかかりそのダメージで発生し光ることです。
長く着用していると汗や汚れの油分がその原因となります。
スーツは、ジャケットとパンツの上下のセットですが、パンツは座って椅子に接するふくらはぎの裏側がテカってしまいがちです。
また、膝をつくことが多い人であれば、膝部分にもテカリが生じることになります。
ジャケットでは、デスクに触れることがある肘や袖口が最もダメージを受けやすく椅子に座って背もたれに寄りかかることで背中にもテカリが出やすくなります。
テカリは普通に着ていても発生しますので、買い替え時期を早めてしまいます。
買い替え時期を遅らせるためにもポケットにたくさんの物を入れないなど細心の注意が必要です。

アタリが発生してしまう原因

スーツは、縦糸と横糸を織った布から作られていて、布端はそのままの状態にしておけばほつれてしまうことになります。
そのために、ロックミシンなどの処理をほどこして表側からは見えないようにしてミシンで縫合されています。
裏側にある布端から縫った部分までの縫い代は、表からアイロンを当てることで布が二枚に重なっている部分に強い力が入ってしまうことになり、生地がテカってしまったり色が白っぽくなったりするなどのアタリが生じることになります。アタリが生じ白っぽくなればスーツの買い替え時期だと考えましょう。

スーツの買い替え時期

スーツの買い替え時期に、オーダースーツを利用してみるといいでしょう。
普段はMサイズという人でも人によって体型が微妙にことなり袖丈や肩傾斜のバランスも違い既製品でジャストサイズを選ぶのは難しいです。
また、買い替え時期にあわせて生地やボタンの種類、ポケットや衿などのデザインも自分が好きなように組み合わせができるというのもオーダーならではのメリットです。