オーダースーツは営業マンの第一印象に寄与するイメージ戦略です。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツは営業マンの第一印象に寄与するイメージ戦略

営業マンの身だしなみはオーダースーツで決まり!

営業マンはお客さま相手なので、面談するときは身だしなみを整えることは言うまでもありません。
それではどのように身だしなみを整えればいいのでしょうか。
営業マンの制服はスーツですが、いかにもよれよれの姿ではいくら熱心に売り込んでもお客さまは評価をしてくれません。
既製服でもよいのですが、やはり体にフィットしたスーツはオーダースーツにかないません。

営業マンとオーダースーツとの関係

営業マンは第一印象が決め手

お客さまは初めて会う営業マンの第一印象によってその後の商談の有無を左右するといわれています。
それだけ第一印象が重要なのですが、特に営業マンの制服であるスーツは、体になっていないと、お客さまも違和感を持つことになり、また着ている営業マン自体のここぞという時の力がそがれることになります。

営業マンとオーダースーツの関係性

既製服ではなく体にあったオーダースーツを営業マンが着こなしていると、見た目の印象が大きく変わります。
きちんとした身だしなみで会うことによって、営業マンの意気込みや商談に値する熱意を感じて好印象を与えることになります。
というのも、オーダースーツは営業マンに合わせて作られたものなので、他の営業マンとの差別化を図ることができ、他の人にはないイメージを持たせることができるからです。

優秀な営業マンは最適なオーダースーツを選ぶ

営業マンがオーダースーツを選ぶポイントを紹介します。
まず、肩幅ですが1cmほど肩をつまめることができる程度のゆとりがあること。前ボタンを閉めこぶし1個が入ること。
袖丈はワイシャツの袖口が1cmほど出る程度、着丈はヒップが隠れる程度、裾丈は裾口が靴の甲に触れる程度の長さにします。スラックスは腰骨で履き、ウエストは手の平一つ分入るゆとりを持たせます。
このポイントを抑えたオーダースーツは体にフィットしたスーツとなります。