1年中着用可能なシャツジャケットの種類や着こなし術の紹介です。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 1年中着用可能なシャツジャケットの種類や着こなし術の紹介

シャツジャケットをオールシーズンで着回そう

シャツジャケットと聞いてピンとこない人もいるかもしれません。シャツジャケットとは、シャツに使われる素材で作られたジャケットのことで、寒い冬にはインナーで暑い夏には冷房が効いた部屋でアウターにと1年中着用可能なジャケットのことです。
ここではシャツジャケットの種類と着こなし術について述べます。

シャツジャケットの種類と着こなし術

シャツジャケットの種類

シャツジャケットとはシャツのような生地を使用してジャケットに仕立てた上着を指します。
アウターのような、インナーのような感覚で羽織る事の出来るシャツをシャツジャケット呼び、1年中着用可能です。
暑い季節は薄着になるので、おしゃれをしようとしても単調になるのですが、涼しげなシャツジャケットを着用することでメリハリが付けられることになります。特に夏場のオフィスのシャツ姿だとどうしても緊張感が薄れるのですが、シャツジャケットを着用することできりっと引き締まる感じがします。
夏場のシャツジャケットに使われる生地としては、オックスフォードがあり、ボタンダウンシャツに使われる代表的な素材で作るシャツジャケットは通気性の良い夏向きの服装に仕上がります。
冬場にインナーとして使われるシャツジャケットは、ネルの素材を使った厚手の生地が使われていて、中綿が入ることで保温性のある服装に仕上がっています。

シャツジャケットの着こなし術

シャツジャケットにデニムシャツは、シャツジャケットはスウェード素材でカジュアルなデニムシャツを合わせたコーディネートとなり、異なるシャツ素材を2枚重ねることで生地の違いを楽しめるのがおしゃれです。
シャツジャケットにダウンベストは、どちらもインナーでありアウターであるといった性質を持っており、幅広いきこなしができます。

シャツジャケットが1年を通しておすすめです

シャツジャケットは、インナーまたはアウターとして1年中着用可能なシャツ素材のジャケットです。
暑い夏には薄手の生地を寒い冬には厚手の生地を使うことにより、平板な服装になりがちな季節におしゃれを楽しむことができます。
シャツジャケットは、デニムシャツやダウンベストなどとの組み合わせで楽しく着こなすことができます。