サイズ直しとカケツギでスーツをより理想的な状態に

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > サイズ直しとカケツギでスーツをより理想的な状態に

サイズ直しとカケツギでスーツをより理想的な状態に

スーツに穴が空いてしまった、サイズが小さくて着られなくなったという時、サイズ直しやかけつぎをすれば、修理できますし、今の体のサイズに合わせる事も可能です。
新しいものに買い替えるよりエコなので、お困りの方は検討してみてはいかがでしょう。

カケツギで虫食いや破れの修理を

スーツはこまめにブラッシングをしないと虫食い穴が出来てしまう事がありますし、転んだ時や足を開いた時に破れてしまう事もあります。それらのような状態になってしまった時、諦めて新しいのに買い換えるという人もいれば、目立たなければそのまま着続けるという人もいるかもしれません。スーツの故障は、カケツギをすれば直す事ができるため、諦める必要はありません。

カケツギは、そのスーツと同じ生地を裏で組み合わせ、繊維を細かく紡いでいく事で修理する技術です。このような修理に対して、直した後が目立つのではと思われる事もありますが、今では見た目では修復している事がわからないくらいに直す事もできます。どれだけ綺麗に直るかは、どこに傷があるのか、生地の種類は何かという事などが関わってきます。

良い条件での修理の場合、たとえ修理箇所を指し示したとしても、修理している事が分からない程度まで綺麗になります。そこまで条件が整っていなくても、近くでじっと見なければ認識できない程度に綺麗に直る事はあります。逆に、遠くからみて修理している事が分かるような故障であれば、直すのではなく買い換える事がおすすめされるでしょう。

スーツのサイズ直しで綺麗に着こなす

スーツを着れなくなる状況は、ボロボロになってしまうのもありますが、サイズが小さくなり着れなくなるという事もそれなりに多いでしょう。スーツはサイズ直しで大きさを調整する事が可能です。ただ、大きくするには限界があり、縫しろと呼ばれる縫い目の余りのような箇所がある分しかできません。既製品は縫しろが少なく、オーダースーツでようやく少し大きく出来る場合があるというものです。

サイズ直しは、小さくする分にはある程度調整が可能です。例えばウエストを少し絞ったり、腕周りを細くしてシャープに見せたりするなど、アレンジができます。背広そのもののシルエットを細身に直したり、肩パットが入っている形からアンコンショルダーにしたりする事も可能です。スーツは着続けていると、もうちょっと足回りにゆとりがあった方が良いなど、不満点が見えてくる事があります。サイズ直しはそのような細かい部分に後から手を加えられるため、いつになっても理想の形を作れるのです。

スリムに見せたい、がっちりとした体型に見せたいというように、その時の理想なシルエットにあった形を実現できます。ただ、やはり今の体型にあうよう微調整してもらうのが特に現実的な使い道と言えます。スーツは今の体型にぴったりと合っていなければ格好悪く、相手に与える印象も悪くなってしまいます。そうならないよう、鏡を見てフィットしていないと思いましたら、サイズ直しをお願いしてみると良いでしょう。

まとめ

スーツは、カケツギやサイズ直しという形で、後から壊れた部分を修復したり、その時の体に大きさを合わせたりと調整がききます。綺麗な状態かつ体にぴったり合っているスーツが一番格好良いので、穴が空いたり破けてしまったりした時はもちろん、体型の変化に伴いスーツが合わなくなった時は、サイズ直しもしくはカケツギをしてみてはいかがでしょう。