オフィスカジュアルのスカートコーデで着こなしの基本をマスター

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オフィスカジュアルのスカートコーデで着こなしの基本をマスター

オフィスカジュアルのスカートコーデで着こなしの基本をマスター

女性のオフィスカジュアルのコーディネートの主となるのがスカートです。
周囲から好感を抱かれる着こなしをするためには基本をマスターするのが近道となります。
会社の雰囲気や状況に合わせる必要があるため、簡単そうで難しいものです。
プライベートと職場の服装をきちんと区別していると周囲から判断されるために、ポイントについて詳しく解説していきます。

オフィスカジュアルの認識は曖昧

オフィスカジュアルを意識したスカートの着こなしをするにあたって、まず覚えておかないといけないのは会社の社風及び仕事内容によって常識が変わることです。
ラフな服装が認められる会社の場合はオフィスカジュアル用のスカートのコーディネートの幅が広がる一方で、丈や色の自由度が小さい会社もあります。
マナー違反とならないためには、先輩の服装を真似ることから始めるのが確実です。

そして、オフィスカジュアルのスカートの着こなしのポイントになるのは、ビジネスシーンに則した服装であると相手に印象付けることです。
キッチリ感を演出するのならタイトスカートが役立ちます。
ビジネスシーンで着用するスカートの代表であり、迷ったときは選択することを意識しましょう。丈が長めのものを選択すれば脚長効果も期待できます。
ミモレ丈はお尻や太ももといった下半身にコンプレックスを抱く場合に適しており、ウエストが協調されるのも嬉しい要素です。女性らしさを演出したい場合はギャザースカートが適しています。
スタイリッシュなコーディネートを楽しめて与えたい印象を考慮しての色選びが重要となります。
どの種類を選択するかによって相手に与える印象が変わることを覚えておきましょう。

膝が隠れる丈を選ぶのが無難

オフィスカジュアルを意識したスカートの丈の長さの目安となるのは膝が隠れるかどうかです。会社の基準が分からない場合はまず膝が隠れる丈の長さを選択しましょう。
また、床に着きそうなロング丈が好まれない場合もあります。
カラーは派手過ぎないことを意識しましょう。
ホワイト、ブラック、グレー、ベージュといったカラーを選択すれば問題ありません。柄ものを選択するとプライベート感が強くなるのも注意点です。

おしゃれを最優先に考えるのではなく、失敗しないコーディネートを大前提としましょう。オフィスカジュアルの認識は曖昧であるからこそ、OKラインとNGラインの見極めは難しいです。迷ったときにはまず無難な選択をすれば失敗することはありません。

定番のコーディネート一覧

オフィスカジュアルのスカートのコーディネートに迷った場合は、定番コーディネートを選択するのもひとつの方法です。
ベージュと白いブラウスと黒のカーディガンを合わせることで落ち着きのある仕上がりとなります。明るめの色の場合は白のブラウスと合わせると清楚さを醸し出し、バランスの取れたコーディネートです。
ロング丈とボーダーのトップスはビジネスシーンで浮くことなく、相手にしっかりした印象を与えられます。

シックな花柄と襟付きブラウスと白のカーディガンの相性はバッチリです。
スタイリッシュな仕上がりを望む場合に適しています。
華やかな印象を与えたい場合はイエローのロング丈を取り入れるのがよいでしょう。
白のブラウスを合わせると派手過ぎないおしゃれを楽しめます。

まとめ

オフィスカジュアル用のスカートのコーディネートはビジネスシーンとプライベートを分けることが大切です。
あくまでも、ビジネスシーンに則した服装であると認識されないといけません。
会社の社風及び仕事内容によって着こなしの幅が異なります。迷ったときは無難で定番なコーディネートを選択するのがよいでしょう。
周囲から好感を抱かれる着こなしであることが社内外においての自分の価値を高める理由になります。