スラックスのアイロンがけは準備作業と温度管理がポイントです。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スラックスのアイロンがけは準備作業と温度管理がポイント

スラックスのアイロンがけのポイントとは

スラックスのアイロンがけをクリーニングに出すと当然のことながらきれいに仕上がるのですが、頻繁にクリーニングに出すと手間も費用も掛かることになるので、自分で行えば気になるたびにアイロンがけができます。
ここでは、自分でできてきれいに仕上がるスラックスのアイロンがけについて見ていきます。

スラックスのアイロンがけのノウハウについて

スラックスのアイロンがけの準備

アイロンがけをするには必要なものを揃える必要があります。
アイロンにはアイロン台を使用するタイプとハンガーにかけたまま使用するタイプがあります。
スラックスのアイロンがけには、しっかりプレスできるアイロン台を使ったスチームアイロンを選びます。
アイロンがけの際にスラックスとアイロンの間にテカリを抑えるためのあて布が必要となります。大きめのハンカチなどを準備しましょう。また、霧吹きを準備する必要があります。
頑固なしわには、霧吹きでこまめに霧を吹いてアイロンがけすると取れやすくなります。
スラックスにアイロンがけをする際のアイロン台にはいろいろな種類がありますが、船形のものがお勧めです。
アイロンがけを終わった後にスラックス用のハンガーにかけることも大切です。

スラックスのアイロンがけの注意点

生地の種類によってアイロンの温度調節を変える必要があります。
ウールは140~160度、麻や綿は180~200度、化繊は110~130度となっており、生地の種類のタグ内容を確認しながら温度設定をしましょう。

スラックスのしわ伸ばしの方法

スラックスのアイロンがけは、腰回りをかけてから裾の方にかけていきます。
左右の片面ずつにかけていき、センターの折り目をずれないように慎重にあて布をしながらかけていきます。

上手なスラックスのアイロンがけについて

上手なスラックスのアイロンがけをするには、アイロンがけに使うものを揃える準備が必要です。
また、スラックスの生地の種類によってアイロンの温度を変える必要があるので、タグで生地の種類を確認して後、スラックスの腰回りからかけていき、左右の片面ずつにアイロンがけをし、センターの折り目を慎重にアイロンがけして、すぐにハンガーにかけてスラックスの重みでしわを伸ばします。