スーツの臭いを予防するために欠かせないチェックポイント

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツの臭いの原因を知りこまめで適切な方法で臭いを消す

スーツに臭いがつく理由

スーツの臭いの原因は汗です不快な臭いはマナー失格です。これに関しては喫煙でタバコの臭いがスーツに付着するのも大きな原因です。 臭いがつくのはどのような理由が考えられるでしょうか。布は臭いを吸収しやすいという特性があります。それは家に入った時も同じです。不快な臭いがする場合は、カーテンや絨毯に臭いが染みついていることがあります。布地は臭いの吸収力が高いためスーツにも残ってしまいます。

スーツに臭いを残さない工夫

好ましくない臭いはタバコや汗が原因です。
ほかにも空気中の雑菌も関係しています。
一日中外にいると自分の汗や体臭が染みつきます。
染みつかないようにするために最も大切なことは通気です。風が吹くことで、臭いが空気にのって流れていきます。
できるだけ上着を脱いでかけておきましょう。
もちろんかけて置く場所にタバコなどの煙があってはいけません。
ワイシャツの下には吸収性が良く速乾性のある下着をつけるようにします。
スラックスの下にも同じような素材の下着をつけるようにしましょう汗を下着が吸収してくることでスーツを清潔に保つことができます。

帰宅後のスーツにひと手間かける

家に帰ってスーツをすぐにタンスにしまいこむことは絶対に禁物です。
風通しの良いところにかけておきましょう。窓の側も理想的です。そのあとは風呂場にかけておきます。
風呂場の蒸気で臭いの原因が蒸発するからです。
それでも気になる場合はスチームアイロンを浮かしてかけます。
衣類用の消臭剤も効果的です。スーツの内側に少量を吹きかけましょう。
消臭スプレーの香りが好みでないなら手作りすることもできます。
水に少量の消毒用アルコールと重曹を混ぜるだけです。
重曹の粉がつくこともあるので目立たない場所にだけスプレーしましょう。無臭なので抵抗なく使えます。
襟や脇の部分をタオルで拭く方法も効果的です。

スーツに臭いをつけないために

臭いを予防するためには複数のスーツをローテーションで着ることも大切です。
いつも同じものを着ているとそれだけで臭いがしみつきやすくなります。
ローテーションで着ることで、傷みにくくなり長持ちします。
着用後は必ず風に当てることを習慣づけましましょう。
風の力をかりて臭いを飛ばすことができます。
ちょっとしたひと手間で臭いがしみつくことを未然に防げます。