オーダースーツの春夏物は、清涼感のある素材の選択が重要となります

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツの春夏物は、清涼感のある素材の選択が重要

春夏物のオーダースーツは快適性がポイントです

春夏物のオーダースーツを作る時には、暑い夏を乗り切るための快適性で選ぶのがポイントです。
そのためには空気を通して風通しを良くするための生地や柄や色を選び、また、最近は、家庭でも簡単に洗濯できるウォッシャブルタイプのオーダースーツも人気となっています。

春夏物のオーダースーツは着心地の満足さで選ぼう

春夏物のオーダースーツの選び方

秋冬物と違って通気性と吸汗性に優れたものが着心地がよいスーツをなります。そのためには、いくつかのポイントがあります。

春夏物のオーダースーツの生地

薄く・軽い生地で、生地の織り方は通気性を重視するために粗めのものとなります。素材は、コットン・リネン・モヘア・シアサッカー・サマーウール・ジャージなどがあります。コットンは、吸湿性や保湿性や通気性に優れているので春夏物のスーツには定番となっています。
リネンは、吸湿性や発散性が良く、肌への清涼感がすぐれている素材です。
モヘアは強いハリとコシを持っていて、モヘアの光沢は夏らしい清涼感を醸し出してくれます。
シアサッカーとは青と白の縞模様の生地が、肌とスーツとの空間が保たれるために着心地は非常に良いものです。
サマーウールは、夏向きのウール生地で、通気性が良く清涼感もあって、さらっとした着心地が人気です。
ジャージは、ニットの編み方で作られた素材で、カジュアル向きですが、光沢感のあるスーツであれば、オフィスにも使用できます。

春夏物のオーダースーツの仕立て

スーツの背中の裏地がない背抜き仕様となっていて、涼しくする仕立てがされています。
また、スーツ内の熱のこもりを抑えるために、肩パットが薄いものにすることで、肩回りから脇周りにかけての熱が逃がしやすくなります。
オーダースーツでは可能な本切羽仕様の袖口にする方法もあります。これは、スーツの袖口のボタンを開けることができるもので、袖まくりスタイルにすることで、手首の周りの熱を逃がすことができます。

春夏物のオーダースーツは夏を涼しく過ごす工夫のポイントです

春夏物のオーダースーツは、暑い夏を乗り切りためには、夏を涼しく過ごす工夫が必要です。
そのためには、素材の選び方が重要です。通気性・吸汗性のある素材、通気性に優れている粗めの織り方、背抜き仕様の仕立てや肩パットや裏地がないアンコン仕立てなどがあります。
また、汗をかいたオーダースーツをそのままにしておくとしわやシミになってしまうので、着た後のお手入れも大切です。