スーツ姿で食べるラーメンの注意点とラーメンシミを取る方法について

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツ姿で食べるラーメンの注意点とラーメンシミを取る方法

スーツ姿の営業マンとラーメン

現在、ラーメンの店は日本全国で約32,000店舗あり、東京都は約3,300店舗と約1割を占める断トツの1位となっています。外出するスーツ姿の営業マンにとって、外れの少ない食品として重宝されています。
しかしラーメンの汁が飛び跳ねによるシミは、スーツに付くと落ちにくいため、頭の痛いことです。

スーツ姿でラーメンを食べるときの注意点

ラーメンの汁飛びに注意

嫌いな人がいないくらい日常的に食べられているラーメンですが、一つ悩みがあります。それは、汁の飛び跳ねがあり、スーツなどの服について放っておくとシミになってしまうことです。
飛び跳ねないようにする方法としては、口をラーメン鉢に近づけて飛び跳ねを防ぐ食べ方です。

スーツにラーメンの汁が飛んだ時の対処方法

スーツにラーメンの汁が飛んでしまった場合には、すぐにクリーニングに出す場合や洗えるスーツであればシミ部分に食器用洗剤を付けて、その後洗濯する方法があります。

ネクタイとラーメンの汁について

スーツ姿でラーメンを食べていてネクタイにラーメン汁が付いた場合には、濡らさないで、ティッシュなどでできる限り水分を取ります。
次に、ベンジンなどを使って油分を溶かして汁を取り除いていきます。
ネクタイが洗うことができる素材であれば、中性洗剤でシミを取り、40度程度のぬるま湯に液体の中性洗剤に数分つけおき洗いをします。
その後ぬるま湯を数買い替えて洗剤を取り除き、乾かしアイロンをかけて仕上げます。

スーツに付いたラーメンシミを取るには

ラーメンの汁は、油脂分と水溶性分の混合物でなかなか汚れが取れにくいものです。
というのもドライクリーニングをすると油脂分は取れて水溶性分が残り、水洗いをすると水溶性分が取れて油脂分が残るということになります。
特に、スーツに付いたシミは厄介です。
クリーニングに出さないでシミを取る方法は、台所用の中性洗剤を付けてもみ洗いをして、その後洗濯します。