スーツの正しい収納方法は事前準備・収納場所・収納時の対策です。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツの正しい収納方法は事前準備・収納場所・収納時の対策

こうすればスーツの収納はばっちりだ!

季節が過ぎたスーツや冠婚葬祭の略礼服などを収納する際には、きちんと収納しないといざ使用しようとした場合に、よれよれシワシワとなって、慌ててクリーニングに出さざるを得ないというケースも出てきます。
そこで今記事では、そのまま着用してもビシッと決まるスーツの収納方法について考えてみます。

スーツの正しい収納方法について

収納するスーツとはどんなものがあるか

収納するスーツには、シーズンオフとなりしばらく着ないスーツや結婚式や葬式などの冠婚葬祭に着用する略礼服などがあります。

収納する前にすべきことは

しばらく着ないスーツ類を収納する前にすることには、汗やほこりや食べこぼしで付いたシミなどの汚れを取るために、クリーニングに出します。
また、虫食いなどで穴が開いたといった場合には、かけはぎによる修復の後、クリーニングに出すようにします。
クリーニングから戻ったら、かぶせているビニールカバーを取って、風の通る場所にて陰干しを行います。

スーツを収納する場所

スーツは、通常、タンスやクローゼットに収納することになります。
スーツが多くなってタンスやクローゼットに収納しきれず、部屋の中にメタルラックやメタルハンガーを使って収納する場合もありますが、窓からの直鎖日光が当たるとスーツの色が部分的に変わることもありますので、あまり適してはいません。
どうしても収納できる場所がなければ、最近多くの場所で見かけるトランクルームを活用するのも一つの方法です。

スーツの収納方法の対策

収納した場所に湿気が溜まるとスーツに良くありません。
収納場所の空気を循環させるために、扇風機やサーキュレーターや除湿器や除湿剤を使って取り除いていきます。

正しい収納で長く着られるスーツになります

季節が過ぎたスーツや冠婚葬祭が当分ない略礼服などはクリーニングした後に収納するのですが、収納場所はタンスやクローゼットなどの決められた場所に保管します。
収納する際の注意点としては、タンスやクローゼットの湿気対策を万全にすることによって、ビシッと決まるスーツを長く着ることができるようになります。