ビシッと決めた営業マンになるためのスーツマナーをご紹介します

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ビシッと決めた営業マンになるためのスーツマナーをご紹介します

ビシッと決めた営業マンになるためのスーツマナーをご紹介します

数多くのお客様と対面する営業マンは、見た目の印象によって今後の関係性も変わっていくという意識を常に持つべきでしょう。さらに、スーツにビジネスマナーがあることを知らない営業マンも少なくありません。知らず知らずのうちに間違ったスーツマナーとなっている可能性は誰しもあります。今一度、ビジネスマンのスーツマナーについて学び、相手に良い印象を与えていきましょう。

お客様受けをよくするためのスーツマナー

営業マンはいかにお客様受けをよくするか、を念頭においてスーツを着用すべきです。まず、色の選択としては紺色を選択するのが無難です。誠実で知的な印象を与えることができます。清潔感のある印象を与えるのにも、うってつけの色です。ネクタイはベルトにかかる程度の長さを意識し、派手過ぎない色や柄を選択しましょう。どの種類のスーツを選択しても、一番下のボタンを付けないのがスーツマナーです。

基本的なスーツマナーとしては自分の身体に合うサイズのものを選択することです。ビシッとスーツを着こなしていると見えるのはサイズが合っているのが絶対条件となります。肩幅と着丈も合わせ、全体的なボリュームは、動きやすい太さであるのが望ましいです。

スーツの用途と寿命を考えての対応

営業マンは4着~6着ほどのスーツを持っておくのがスーツマナーといえます。シーズンによって使い分けるようにしましょう。2着~3着ほどのスーツで一週間着回しをすれば寿命を延ばすことができます。スーツの寿命は早くて3カ月程度と短く、何も手入れせずに着続けてしまうと、何度も買い替えることになります。営業マンの場合は営業先で歩き回ることも多く、どうしても寿命が短くなってしまうものです。

フルシーズンで着用できるスーツもありますが、快適に着こなせるスーツの方が気温差に頭を悩ませることは少なくなります。営業マンの場合は営業先の温度が常に快適であるとは限りません。場合によって営業先が外であることもあるでしょう。汗によって清潔感が損なわれてしまうことを避けるためにも、複数のスーツの着回しを考え、季節ごとに適したスーツを着用しましょう。

自分でスーツを選ぶのはNG

営業マンがスーツを選ぶ際には、スーツのプロである店舗スタッフに相談をするのが基本です。仕事の業種や予算を伝えると、適切な選択をしてくれます。スーツマナーについても当然ながら熟知しており、過去に培ってきた知識から、用途に沿うものを選択してくれます。プライベート用のスーツならまだしも、仕事用のスーツの場合は何よりもTPOを意識した選択をしないといけません。スーツのプロに相談をした方がより良い選択ができるのは間違いありません。

また、ビジネスシーンでは個性よりも身だしなみを重視するため、ダブルよりもシングルを選択するのが望ましいでしょう。ダブルはカジュアルな印象を与えるのにうってつけではありますが、ビジネスシーンには適していません。清潔感が命の営業マンにとってオシャレであるかどうかは二の次です。悪い印象を与えないようにスーツマナーを守り、よりよい人間関係を構築することを念頭に置きましょう。一流の営業マンは、まず見た目を整えることを考えます。これは、中身を知ってもらうための第一歩となるのが、見た目であることを熟知しているからです。基本となるスーツマナーを守り、相手に好印象を与えるようにしましょう。

まとめ

スーツマナーを完璧に熟知している営業マンは意外と多くありません。何となくスーツを選んでしまうと、知らず知らずのうちにマナー違反となることも少なくありません。仕事用のスーツである以上、考えるべきは自分のことよりも相手のことです。相手に好印象を与えるスーツ選びをすれば、少なくとも悪い印象を抱かれることはありません。今の自分にもしも配慮に欠けている点があれば、すぐに見直しましょう。