オーダースーツの着用に適しているのはどんなシーン?

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツの着用に適しているのはどんなシーン?

オーダースーツの着用に適しているのはどんなシーン?

オーダースーツは既製品とは異なり、ご自分の趣味や嗜好に合わせて、細かく要望を伝えた上で作られるものです。既製品と異なりその時の体型にジャストフィットしますし、オーダーによっては高級感が高まります。当然、既製品より価格は高くなりますが、実際にこのようなオリジナリティのあるスーツはどのようなシーンで着られるものなのか、紹介していきます。

オーダースーツの着用に適しているシーン

オーダースーツのように素材やデザイン、サイズまで細かくこだわったスーツを着用するシーンとしましては、やはりここ一番の時に限ります。

ではここ一番とはどのようなタイミングか、それはシチュエーションによります。例えばビジネスシーンであれば重要な案件で営業先に出向く時など、自身をよく見られたい時がまさに着用する絶好のタイミングでしょう。

他には、フォーマルな場面も適しています。いわゆる冠婚葬祭です。多くの視線を集めたり、人生におけるとても大切だったりする場面では、自信を持てる服装で挑みたいものでしょう。まさにオーダースーツの着る場面と言って良いはずです。

また、カジュアルな場面でいうと、たくさんの人が集まり華やかな雰囲気のあるパーティーやイベントでしょう。パーティーもまた、たくさんの人と接する機会になりますし、多くの出会いがあります。初対面の人や目上の人もいるかと思いますので、ここ一番のスーツで参加したいものです。

オンオフで分けてスーツがあると便利

自分にとって大切な時間、そして多くの人と接する機会など、ご自身が良くみられたいシーンに、オーダースーツは着るべきです。しかしこだわりを持って注文をするオーダースーツとはいえ、あらゆる場面に通用するデザインとは限りません。特に、ビジネスシーンとプライベートの場面の両方で着回すほどの汎用性があるとは限らないものです。

オーダースーツは可能であれば、オンオフで分けて着こなせるよう用意しておくのが望ましいです。ビジネスシーンでは落ち着いたカラーや素材で相手に安心感を与えたり、変に目立ったりしないようなデザインである方が良いです。

しかしカジュアルなプライベートシーンでは、ビジネス用の地味目なデザインでは少し物足りません。やや明るめなデザインでパーティーやイベントに参加しやすいものがあると、相手に与える印象も良いものに変わるでしょう。

周囲と差をつける着こなし

既製品より高価である事を踏まえると、オーダースーツを普段から頻繁に着用するのは、痛むのが早まるので避けたいところかもしれません。しかし既製品とは違う品質、体型に適したサイズ感は、周囲と差をつけるポイントでもあります。

例えばお客様との対応が中心となる営業職は、結果が求められる場面も多いはずです。スーツで周囲と差をつける事で、身だしなみという部分でライバルに差をつける事もできます。

ビジネスのような場面を考えると、一概に大切な時のみに着るものではないという考え方もできます。もし、オーダーして用意する余裕があるのであれば、用意してみると良いかもしれません。

まとめ

オーダースーツは細かい要望を通して、自分の要望や体に合わせて作られるスーツです。それなりの費用もかかる事で、やはり長く大切に着ていきたいという気持ちがあるかと思います。やはり質が良くサイズがフィットしたスーツを着た時の印象は素晴らしいものがありますので、理想を言えばここ一番の時、イベントやパーティー、大切なビジネスの場面があげられるでしょう。
あるいは普段から着用する事で、身だしなみの差を周囲とつけるのもまた、良いかもしれません。