ネクタイのシワはスチームアイロンと毎日の手入れが必要です。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ネクタイのシワはスチームアイロンと毎日の手入れが必要

これでネクタイのシワは防げます

ビジネスマンの定番スタイルにはネクタイは欠かせません。
しかしながら、シワのついたネクタイをしていると相手から見てあまり良い印象は与えませんので、ビジネス的にはマイナスに働くことがあります。ここでは、ネクタイのシワを防ぐ方法について考えてみましょう。

ネクタイのシワ取り方法の極意について

直接アイロンをかけないこと

ネクタイに直接アイロンをかけることは絶対にしないようにしましょう。
というのは、直接アイロンをかけると、ウールやシルクなどの生地を痛めることになる、当て布をしてもアイロンの表面にテカリが出てくる、ネクタイのふくらみ部分をつぶしてしまう(ネクタイは立体的な形がきれい)、といった理由からです。

スチームアイロンを使うこと

ネクタイのシワ取りはスチームアイロンを使うことが必須となります。
ネクタイに当て布をした上からスチームアイロンをかけるのですが、少し浮かして使用するようにします。
温度は低温から中温の程度に調節してシワを取っていきます。
ネクタイの立体的なふくらみを持たせるためにネクタイの裏の折り目に菜箸を差し込んで、ネクタイを宙に浮かせてスチームアイロンをかけていきます。

アイロンがけ後の注意点

アイロンをかけたあとは、すぐにしまわずに平らな場所に伸ばしておいて熱を取っていきます。
熱が冷めたらしわにならないように気を付けながら収納します。

アイロンがけの頻度について

アイロンがけはできるだけしないようにします。
そのためには、ネクタイを外したらすぐにハンガーにかけ、洋服用ブラシでブラシングしてシワを取っていきます。

ネクタイのシワが付かないようにする方法とは

できるだけアイロンがけをしないようにし、帰宅するとすぐにハンガーにネクタイをかけ洋服ブラシでブラシングします。シワになった場合には、必要最低限の頻度でスチームアイロンを使いシワをできるだけ取るようにします。
また、アイロンがけが終わっても熱が取れるまで、平置きにして延ばしておきます。
同じネクタイばかりするのではなく、複数本のネクタイを回しながら使うことで、シワ防止を図ることができます。