オーダースーツを活かすおすすめ着こなしテクニック

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツを活かすおすすめ着こなしテクニック

オーダースーツを活かすおすすめ着こなしテクニック

オーダースーツは体にあったサイズ感、そして好みに合わせてデザインや素材を決定して作られるオリジナリティのあるスーツです。せっかく良いスーツを仕立てたのであれば、十分に活かす着こなしテクニックを活用し、より完璧なコーディネートをされてみてはいかがでしょう。

小物を活用してさらにオシャレに

せっかく最高のオーダースーツがあるのであれば、よりオシャレさを引き出す小物を活用されるのがおすすめです。ビジネススーツとして利用しているのであれば派手な小物を加えるのはマナー的に少々難しくはなってしまいますが、パーティーなどのカジュアルな場面なら積極的に小物を使っていくべきです。

おすすめのアイテムの例としてはチーフです。プライベートで身につける事はほとんどないかもしれませんが、パーティーやイベント、血古音式などの場面では有効活用される事がたくさんあります。また、チーフは季節感を出すのにも向いていて、季節に合わせたコーディネートが出来る人というように、オシャレな雰囲気を与える事もできます。

また、あまり目立ちませんがカフスも小物としておすすめです。カフスはあまり目立ちすぎない装飾品という点がメリットでもあり、隠れてオシャレ感を出せます。チェーン式やスナップ式など種類も多く、個性が現れる部分でもあります。ビジネスシーンではあまり使用される事がありませんので、プライベートな場面で身につけてみてはいかがでしょう。

シャツにこだわりを持つ

オーダースーツの着こなしテクニックとして、シャツにこだわりを持つ事が大切です。せっかくぴったり合うスーツを着ているのであれば、シャツはポリエステル混ではない方が望ましいでしょう。

ポリエステル混は洗濯しやすく乾かすのも簡単で、ものによっては形状記憶でアイロンをかける必要がありません。普段からスーツを着用される方にとって非常にメリットの多いシャツではありますが、クリーニングによって毛玉ができやすいです。

立派なスーツを着ているのに、シャツに毛玉があるというだけで印象が格段に悪くなってしまいます。こまめにアイロンをかけたりクリーニングに出したりするのが大変かもしれませんが、コットン100%のシャツの方が見た目重視という点ではおすすめです。見た目を大切にする場合、あえて機能性を捨てるという考え方があるのです。

細かいところに気を配る

スーツを着こなしている人は細かい部分にも気を配っています。例えばベルトと靴の色を揃えるというのは常識的な事です。オーダースーツを着られている場合、ベルトは黒だけどシューズは茶色というように、ちぐはぐにならないよう注意しましょう。

また、せっかくオーダースーツであれば、靴もスーツに合わせて立派なものを用意すべきです。足元を見るという言葉がありますが、商談の場において相手の靴を見て値踏みをするように、足元はファッションにおいて非常に大切な部分です。

テクニックという話以前に、靴はスーツに合わせてできる限り質の高いものをご用意されると、立派なスーツを台無しにせずに済むでしょう。

まとめ

オーダースーツを着ていればそれだけでオシャレな訳ではありません。本当にオシャレな人は、ネクタイやベルト、靴など細かい部分の着こなしにも手を抜かず、目立たなくてもテクニックを活用しています。
ビジネスシーンはもちろん、プライベートなシーンであっても、せっかくであれば抜かりのない着こなしで相手に好印象を与えておきたいものです。小物から手を抜かず、スーツの良さを完全に引き出せるようにテクニックを磨いてみましょう。