ネクタイの汚れやシミはクリーニング店に任すのが得策です。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ネクタイの汚れやシミはクリーニング店に任すのが得策

ネクタイの汚れを手入れする方法

ネクタイは知らず知らずのうちに汚れてくるもので、気が付いた時にはシミになったり、黄ばんでしまったりと、自宅で手入れしようとしても手遅れ状態になってしまうことが良くあります。 1本のネクタイを買えば汚れが目立つまで使い、そのあとは処分するという考え方もありますが、気に入ったものはクリーニングして使い続けたいという要望もあります。 ここではネクタイのクリーニングについて考えてみます。

ネクタイをクリーニングに出す時の注意点は?

クリーニング選び

一番重要な点は,お気に入りのネクタイを要望通り仕上げてくれるかどうかです。
クリーニング店を選ぶ方法は、いくつかの質問をしてその答えで判断します。例えば、クリーニングのプロセス処理を説明してくれる、こちらの要望通りにシミや汚れが取れていないと判断すれば再度対応してくれる、料金が相場程度の金額である、といった点を事前に確認してクリーニング店を決めます。

クリーニングに出す回数

特に目立つ汚れがない場合には、3か月を1シーズンとした場合に1回が適切です。
ネクタイの生地はシルクが多く、頻度が多いと表面がけば立つ原因にもなります。ネクタイにしょうゆやソースなどをつけてしまった場合には、すぐにクリーニングに出すようにします。

クリーニング後のチェック

クリーニングが出来上がって受け取る段階では、要望通りシミや汚れが取れているかのチェックを必ずします。
もし要望通りに取れていない場合、クリーニング店に再処理を依頼します。

クリーニング後の収納方法

ネクタイの収納方法には、平置き・まるめ置き・掛ける、の3つの方法があります。
平置きとは、ネクタイを二つ折りにして透明な袋に入れて引き出しなどに収納します。まるめ置きは、二つ折り下ネクタイを折った箇所からまるめていき収納する方法です。掛けるは、ネクタイを1本ずつハンガーにかけていく方法です。

ネクタイの汚れはクリーニング店にお任せ

ネクタイのシミや汚れは、なかなか自宅で洗濯してもうまくいかない場合が多いために、専門のクリーニング店に任す方が得策です。頑固なシミでも特殊な方法できれいにしてくれる店もありますので、特にお気に入りのネクタイに汚れやシミが目立つ場合には、断然クリーニング店にお任せです。