ネクタイをうまく結べない3つの理由ときれいに結ぶためのコツ

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ネクタイをうまく結べない3つの理由ときれいに結ぶためのコツ

ネクタイをうまく結べない3つの理由ときれいに結ぶためのコツ

仕事のときには毎日ネクタイを結ぶビジネスマンのなかにも実は苦手にしている人は多いです。
なぜネクタイを上手に結べないのかと考えたことがあるでしょう。
ネクタイをうまく結べないのには3つの理由があります。
基本を知らずしてスタイリッシュな仕上がりとはなりません。身だしなみをチェックされるビジネスマンは特にネクタイをうまく結べないと諦めてはいけません。きれいに結ぶためのコツをマスターしていきましょう。

ネクタイをうまく結べない3つの理由とは

難しい結び方を選択している、種類別の正しい結び方を知らない、シャツの襟の形とネクタイの素材が合っていないといった3つがネクタイをうまく結べない理由となります。
難しい結び方を選択している場合は最も簡単なプレーンノットを選択しましょう。

まず長さを大剣がベルトの前に来るようにし、小剣の上を通して一周させましょう。
次に輪っか部分を大剣に通して下に引っ張り、最後に結び目を上にきつく上げれば完成です。プレーンノットが問題なくできるようになってから、難易度が上がるダブルノットやセミ・ウィンザーノットなどを選択しましょう。

レギュラーカラーのシャツを着用する場合はプレーンノットが最適です。
さまざまなシチュエーションに対応できて、スタンダードなスタイルとなります。
ビジネスマンの場合はプレーンノットをマスターしてしまえばネクタイの結び方についての悩みは解消されるでしょう。

ノットの最適な大きさに調整

ネクタイの結び目であるノットの大きさは襟元のイメージに直結します。
厚さが1.5mm以下だと細く感じ、2mm以上だと厚みがあると感じるでしょう。
一般的なネクタイの場合は大剣から中心部に向かって細くなっていきます。
そして、中心部から小剣に向けて太くなる場合もあります。
結ぶ位置によってノットの大きさを自由に調整できるため、ベストな大きさに調整していきましょう。大剣がベルトの上にかかるのを目安にするのがコツとなります。

ノットを美しくするためにはまずしっかりしめるようにしましょう。
第1ボタンをしめてノットの位置を下げないようにし、ディンプルをきれいに入れると美しく仕上がります。

ネクタイ結びをやり直さないためのコツ

朝の準備で忙しいときに何度もネクタイを結び直すのは手間がかかります。
余計な時間をかけないようにするためには、まず大きめの鏡を用意しましょう。
次に小剣の長さを第6ボタンの少し上を目安に合わせ、結ぶ位置を確認しましょう。大剣の長さは第2ボタンと第3ボタンの中間を目安にすれば問題ありません。
結ぶ際にはネクタイピンで長さを微調整する方法もあります。

スーツを着用する際にネクタイをうまく結べないのには明確な理由があります。原因から考えて何をすべきかを考えてみましょう。
ビジネスマンにとってスーツ姿がビシッと決まっているのは信頼を勝ち得る理由に直結します。うまく結べない理由を模索して改善し、だらしない印象を与えないようにしましょう。
仕事のときには毎日スーツ姿となるため、余計なストレスが溜まらないようにすることそのものが朝の準備の時間が快適に過ごせます。
基本に忠実にコツを掴んでしまえばそう難しくはありません。

まとめ

ネクタイをうまく結べないのには明確な理由があります。
今まで自分が間違っていた点がないかをチェックしてみましょう。きれいに結ぶためのコツは何も難しいことをする必要はありません。
基本に忠実にまずは簡単な結ぶ方から選択し、何度も繰り返して慣れていきましょう。
徐々に見栄えよく結べるようになっていきます。
ビジネスシーンの場合は特に一度できないからといっても諦めてはいけません。
毎朝苦労しなくなることを意識して、基本を守ってチャレンジしていきましょう。