ネクタイをプレゼントする場合相手に合った選択が必要になります

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ネクタイをプレゼントする場合相手に合った選択が必要

贈った相手が喜ぶネクタイのプレゼント選び

大切な人にネクタイをプレゼントしたいと考えている場合、どのように選んでいけばいいのでしょうか。 ネクタイの色・柄・生地など非常の多くの種類のある中で贈った相手が喜ぶプレゼントとして、ポイントと年代別の選び方について考えてみます。

ネクタイのプレゼント選びをするポイント

ネクタイの基本的な選び方

ネクタイ選びの基本は、大きく分けて、ネクタイの幅・色・柄・素材があります。
ネクタイの幅は、幅が7~9cmのレギュラータイと4~6cmのナロータイとがありますが、ビジネスシーンで使う場合には、レギュラータイがお勧めで、カジュアルに特化する場合にはナロータイも選択肢に入ります。色は、情熱系の赤系統や誠実系の青や紺系統があり、ビジネスシーンでは、青や紺系統が無難な選択となります。柄は、無地やストライプやドットや小紋があり、ビジネスシーンでは目立ちにくい柄がお勧めです。素材には、天然素材のものが良く選ばれていて1番手はシルクで、秋冬にはウール、夏にはリネン、といった選択肢もあります。

贈る相手が使用したい場面を考えた選び方

ネクタイをプレゼントする場合、良く使ってもらうためには贈る相手が使用したいと思う場面を考えて選ぶことが必要です。業種によって、オフィス内だけで使用するのか、お客さまの前で使用するのかで、色や柄や素材などを決めていくことになります。

贈る相手の好みによる選び方

1番大切なポイントとしては、相手の好みを知ることが必要です。そのためには、普段着ているスーツやシャツの色や柄などから、それに合ったネクタイを選ぶことが必要です。

贈る相手の年代による選び方

贈る相手の年代によって、選ぶネクタイの色や柄や素材やブランドなどの選択肢によって大きく変わってくることになります。

ネクタイのプレゼントは年代別に選ぶ

ネクタイをプレゼントする場合には、贈る相手が使用したいと思われる場面、その人の好み、年代、によって変わってきます。また、贈る人のステータスによって、有名なブランドものを選ぶという場合もあります。若い人には、ビジネスで使用できる実用的かつ高品質のもの、中堅となった人には海外の有名ブランド品、中高年には大人の風格を表現するブランド、といった年代別のプレゼント選びが必要です。