ネクタイの結び方を場面や目的ごとにその種類を使いわけてみよう

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ネクタイの結び方は冠婚葬祭やビジネスなどでその種類を使い分け

ネクタイを工夫することで印象が変わる

ネクタイはビジネスの場面だけでなく、結婚式や葬式などプライベートな冠婚葬祭の場面にも使われるファッションアイテムです。ネクタイは顔の近くに位置するアイテムなので、その結び方を工夫することで印象を変えることができます。バリエーションのある種類をいくつか持っておくといいでしょう。

ネクタイの基本と応用させた結び方

プレーンノットは最も簡単で基本的なものです。
シャツとの相性もよく、就職活動からビジネス、結婚式などのお祝い事まで幅広く使えるのが魅力です。
着脱によるネクタイ生地への負担も少なく万人から支持されています。
ノットは細いネクタイだと小さめに太ければ大きく仕上がります。
さらに、ダブルノットはプレーンノットを応用したもので二重になるノットが特徴です。
プレーンノットの大剣を二十巻きにするため結び目にボリュームを持たせることができかつ上品に仕上がります。
ノットの重なりが少し見えるように結ぶとよりおしゃれを演出できます。
ネクタイの種類にもこだわってみましょう。

個性的な結び方も知っておこう

基本以外に、個性的なネクタイの結び方の種類も知っておくと便利です。
クロスノットはノットの部分に斜めのラインが入る方法でちょっとした遊び心を演出することができるものです。
一般的な方法は、大剣を結び回して仕上げますが、クロスノットは小剣を使って結びあげています。
この方法だと結び目が見た目のポイントになるため無地などのシンプルなネクタイが適しています。
ノットの左右に小剣を巻きつけたノンノットは、通常隠れている結び目部分をあえて外側に向けた結び方でおしゃれ感があるためカジュアルなパーティーシーンで活躍します。
左右の巻きつけ部分をきれいに作り上げるのが上手に仕上げるコツです。
ネクタイの結び方のそれぞれの種類を知ることで個性の演出もできます。

ネクタイはシーンに合わせた使い分けを

ネクタイの結び方には、基本的なものとちょっと小技をきかせたものと色々な種類があります。
幅広く応用の利くものとしては、プレーンノット、プレーンノットを応用したダブルノットがあります。
シャツとの相性もよいため押さえておくといいでしょう。
個性的なものにはクロスノットとノンノットなどがありますがバリエーションを持っておくことでシーンに合わせた種類ごとの使い方を楽しむことができるようになります。