大切な人へのギフトにぴったり!ネクタイ選びのポイント

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 大切な人へのギフトにぴったり!ネクタイ選びのポイント

大切な人へのギフトにぴったり!ネクタイ選びのポイント

大切な方へのギフトの定番のひとつであるネクタイをプレゼントにピッタリであるものの、何を選べばよいか分からない方も多いはずです。相手が贈られて嬉しいと思うネクタイを選ぶためには自分ではなく、相手の立場について考えないといけません。ネクタイ選びをするにあたっての守るべきポイントを熟知すれば、失敗することはまずないです。

贈る相手の立場を考えてのネクタイ選び

大切な方へのギフトとしてネクタイを選ぶ場合、まず着用シーンを考えないといけません。職場でネクタイを着用する場合は派手な色味や柄のものはNGの可能性もあります。落ち着いた色味の紺色やえんじ色、ストライプやドットなどの無難なものを選択した方がよいでしょう。仕事以外でもネクタイを着用する場合は遊び心を強めても問題ありません。

また、相手の好みに合わせてのネクタイ選びも意識すべきで、スーツやシャツと同系色のものを選択すれば失敗することはまずないです。好きなブランドが分かっている場合においても合わせるようにしましょう。そして、相手の年齢も考えないといけません。ブランドにはターゲットとなる年齢層があるからこそ、年齢層をかけ離れないようにすべきです。

色や柄による相手に与える印象を加味する

ギフト用のネクタイ選びで最も重要といえるのが色や柄です。形や素材はある程度決まっているネクタイであるからこそ、どの色や柄を選択するかがポイントになります。どの年代からも支持が高い色は青系の紺色や青色です。爽やか、誠実、清潔感といった印象を感じられる色となるためです。赤系の色もビジネスシーンでは定番となっています。ピンクも幅広い年代から支持されている色ではあるものの、好みにかけ離れている場合もあるのが注意点となります。

ビジネスシーンで好印象を与えられるとともに、地味過ぎず落ち着きのある色としてアクセントを咥えられるのがえんじ色です。柄はピンドット、ストライプ、無地、チェックのいずれかから選択するのが無難です。派手な柄のネクタイは普段使いが難しく、ハイブランドのネクタイはブランドロゴが一面にあしらわれていないかを確認した方がよいでしょう。

素材と幅から考えるネクタイ選びのポイント

ネクタイの素材はシルク、リネン、ウールの3種類あります。シルクはポピュラーな素材で手触りのよさがセールスポイントです。さらに、発色がよくてシワがつきにくく、どのビジネスシーンでも使用できる素材であるのも魅力的といえます。清潔感や上品さを演出できるため、ギフトに適した素材となります。リネンは消臭性が高く、ラフな印象を与える素材です。夏にギフトとするのは最適であるものの、季節が限定されるのが難点となります。ウールは温かいイメージを与えられて秋や冬に人気のある素材です。どの素材を選択しても、スーツやジャケットの素材と同系のものを合わせると、コーディネートに統一感が生まれます。

ネクタイの幅はフォーマルスーツに合わせる場合、7 cm~9cmが一般的な幅となります。幅が細いナロータイはスタイリッシュな印象を与えるとともに、カジュアルな印象が強まってしまうため、ビジネスシーンでは使用しにくいです。また、ジャケットの下襟の2カ所の幅とネクタイの幅を揃えることで上半身のバランスがよくなるため、考慮してのネクタイ選びが望ましいです。

まとめ

大切な方へのギフトとしてネクタイ選びをする場合、自分の好みではなく相手の好みに合わせるのが基本です。ネクタイはビジネスシーンでの着用となる場合が多いからこそ、仕事上問題なく着用できるかも考えないといけません。また、ネクタイ単体だけではなく、スーツやシャツとのバランスを考えることも大切です。さまざまな要素をかんがみての選択をしないといけないのは大変であるものの、贈られて本当に嬉しいネクタイを選ぶには複数の要素から総合的に判断する必要があります。