種類別にスーツの用途を学び、適切なスーツの着こなしをしましょう。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 種類別にスーツの用途や自分に合ったスタイルを見つけましょう

スーツの種類を知っておこう

社会人になってスーツにも着慣れてくると、シーン別によって様々なスーツを着こなして見たいと思うようになってきます。スーツには様々な種類があるのをご存知でしょうか?スーツの種類を知っておくことで、シーンによって使い分けができたり、自分に合うスーツも見つけやすくなりますので、是非スーツの種類について知っておきましょう。

スーツの種類詳細について

シングルとダブルって何?

スーツには大きく分けて、シングルタイプとダブルタイプの2種類に分かれております。シングルはボタンの並びが一列のデザインになっているもので、皆様が翌来ているビジネススーツは一般的にこのタイプが定番となっております。ダブルはボタンが二列に配置されたデザインになっており、よりフォーマルな印象のスーツになります。

二つボタンと三つボタンのスーツの違い

こちらはそのまま、前のボタンが2つであるか、3つであるかの違いがあります。2つボタンはスーツのVゾーンも広く見えるため、シャープな印象の着こなしができるスーツで、ビジネス用の定番にもなっております。この場合、下のボタンは閉めないのが一般的です。3つボタンの場合はVゾーンが狭くなるため、クラシックな印象を与えるスーツになります。こちらも2つボタン同様、一番下のボタンは外して着るのが一般的です。

襟の種類にもいろいろある

襟の形も、様々な種類があり、一般的なものはノッチドラベルと言われるもので、これに対し、襟の幅が狭くなっているものはノッチドスリムと呼ばれております。また、下襟の先端が上に向いているタイプのものはピークドラベルといわれており、よりドレス的な印象が強くなります。また、ピークドスリムは、ピークドラベルよりもさらに襟幅が狭くなっているタイプ。タキシードなどの上袖とラベルがつながっているタイプは、ショールカラーと呼ばれております。

自分に合ったスタイルを選ぼう

スーツにも細かくいろいろな種類があることがわかりましたでしょうか?
例えば、シルエットで見ると、細身の方はシングルで、恰幅の良い方はダブルが似合うといわれております。また、年齢的にも若い人はシングル、ある程度年配の方はダブルと言われております。スーツの格式に差はありませんが、イメージというのも大切ですので、自分の体格や年齢に合わせて、うまくスーツを選んであげることによって、自分の印象も変わってきますので、ご自身に合ったスーツを仕立ててみましょう。