納期を左右する、オーダースーツの「オーダー」の違い3種とは

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 納期を左右する、オーダースーツの「オーダー」の違い

3つの「オーダー」の種類によって異なる、オーダースーツの納期

オーダースーツというと、初めから店頭に並ぶ既製品と違い自分にあった型に仕立ててもらうため、ある程度の納期が必要になってくるのが特徴です。オーダースーツの納期は、主にその「オーダー」のタイプによって左右されます。
今回はその3つのオーダーパターンとそれぞれの納期についてご紹介します。

3パターンの「オーダー」別に見る、オーダースーツの特徴と納期の違い

3パターンの各「オーダー」ごとの、オーダースーツの納期について見ていきましょう。
3つのオーダー、「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」の順に紹介していきます。

パターンオーダー

あらかじめある程度仕立ててある、準既製品のような状態になっているスーツをよりご自身の体や好みに寄せていくスタイルです。納期は早くて約2週間です。

イージーオーダー

注文者の体のサイズを採寸後、機械を使って仕立てていくスタイルです。パターンオーダオと違い1から作る形にはなりますが、機械仕立てのため人の手で作るより早く、納期は約3週間〜4週間が一般的です。

フルオーダー

いわずとしれた「ハンドメイド」、オーダースーツの最高級地点です。すべて職人による手作業なので、1ヶ月〜2ヶ月程度の納期を要します。

ただし、今挙げた納期例ばかりが正しいわけではなく、たとえば生地の細かな使い方や、細部のステッチなどにまでこだわれば、パターンオーダーやイージーオーダーでも納期は延びます。
また逆に、フルオーダーでも、別料金を支払えば1週間程度納期を短く仕上げてくれるお店もあります。
ご自身がオーダースーツを使いたいタイミングの前に、早めの納期計算のもとでお店を訪れましょう。「約」とう言葉で幅を持って設定されている納期は、大体の場合2〜3日前後することがあります。

オーダースーツは納期計算を長めに見積もり、早めのオーダーを!

以上、3つのパターン別のオーダースーツのオーダーの仕方とそれぞれの納期について見てきましたが、細かな納期に関してはここに挙げたばかりではありません。
注文者のこだわりによって伸びる特別な納期や、逆にお金で解決できる短縮された納期の例外にプラスして、修正してほしい部分がある時の約2週間ほどの修正期間への余裕も見ておくと良いでしょう。
また、補足ですが、オーダー時にもサイズを測ったり生地を決めたりする相談時間として、1時間程度の時間を見越して来店しましょう。