スーツを自宅で洗濯できるかの見分け方は洗濯表示でチェックする

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツを自宅で洗濯するためのポイントその正しい洗い方と注意点

スーツを自宅で洗濯する方法

自宅でスーツを洗濯する場合には、素材をチェックし水洗いが可能かどうかを確認してから常温で洗いましょう温水でと洗うと素材によっては縮んでしまいます。つけおき手洗いで優しく洗ったり最近では洗濯機で洗うことができるウォッシャブルタイプも登場しているので、気軽に自宅で洗う人も増えています。

スーツの洗濯表示をチェック

スーツの裏地やポケットなどに縫いつけられている洗濯表示をチェックすることによって自宅で洗うことができるかどうかを見極めることができます。
水洗い不可のマークがついている場合には、水洗いをすると縮んでしまったり、型崩れや色落ちなどが激しく、着用できなくなる可能性があるので、クリーニング店でドライクリーニングをすることをおすすめします。
ポリエステルや毛が材料になっており、ウォッシャブルと表示されていたり、温度や洗剤、陰干しなどの指定があったりする場合には、自宅で洗うことができます。
カシミアなどの高級素材が使われている場合には、傷みやすいので、自宅ではなくクリーニング店に任せるようにしましょう。

自宅でスーツを洗濯する方法と注意点

ウールやポリエステルなどでできている場合には、スーツを自宅で洗濯することができますが、縮んだり、素材が傷んだり、型崩れを起こす可能性があるので、優しく手洗いをすることをおすすめします。
洗う前に、洗濯用の洗剤をしみ込ませたティッシュなどを、スーツの目立ちにくい裏側などに5分ほど置いてから、ぽんぽんと叩いてみて、ティッシュに色がつかないかどうか確かめることが注意点です。
また、普段使っている洗剤ではなく、ホームクリーニング専用の中性洗剤を使うことも注意点になります。
お湯を使いたくなりますが、型崩れや縮みの原因になるので、水を使ってつけおき洗いをします。
丁寧にたたんで、形を整えながら洗いましょう。

スーツを自宅で洗うメリットとデメリット

スーツをクリーニング店に出さずに自宅で洗うことで、費用を節約することができるというメリットがあります。
また、クリーニング店に出しに行ったり取りに行ったりするのが面倒になりがちな人は、自宅で洗う方が気軽という場合にメリットになります。
縮みや色落ちや傷みや型崩れなどが生じる可能性があるというデメリットがありますが、品質表示で見極めて、優しく手洗いすることができる場合もあります。