腕時計の革ベルトは種類豊富!毎日お手入れをして長持ちさせよう

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 腕時計の革ベルトは種類豊富!毎日お手入れをして長持ちさせよう

腕時計の革ベルトは種類豊富!毎日お手入れをして長持ちさせよう

社会人にとって、腕時計は必需品であるため、日頃から手入れをしていることが大切です。そんな腕時計の革ベルトは種類が豊富であることから、ファッションとして活用することができます。今回は、腕時計の革ベルトの種類と、手入れ方法について解説していくので、参考にしてみてください。

腕時計の革ベルトは種類豊富

腕時計に使用されることの多い革ベルトは、種類豊富で素材によって印象が大きく変化します。そのため、オシャレを意識する上では、革ベルトの種類を自分好み選択することが大切です。

革ベルトの中でも、最も人気が高いと言われているのが、「クロコダイル」になります。クロコダイルは腕時計の革ベルトに使用されているだけでなく、バッグや財布にも使用されているのが特徴です。

またアリゲーターについても、見た目が綺麗であることから人気が高い革ベルトの素材になります。

カジュアルでありながら、上品な雰囲気を演出してくれる革としては、「コードバン」が考えられるでしょう。コードバンは、農耕馬の臀部から採れる革で、1頭から採れる量が限られていることから、希少価値が高いのが魅力です。

他にも「ダチョウ」の革も独特の雰囲気があって、革ベルトとして高い人気があります。このように、革ベルトは種類豊富であるため、スーツなどと組み合わせて、コーディネートを意識していきましょう。

ビジネスシーンにおすすめの革ベルト

ビジネスシーンにおいて、腕時計は必須アイテムであるため、こだわりを持ってつけている方も多いでしょう。そんなビジネスシーンにおすすめの革ベルトは、黒色がおすすめです。交渉や営業に出向く際にも、シックな雰囲気でビジネスを円滑に進めてくれるでしょう。

黒の革ベルトにするなら、黒の革靴と合わせると、統一感が生まれて、一層オシャレな雰囲気を演出することができます。

他にも、ブラウンの革ベルトもおすすめです。カジュアルな雰囲気がありますが、濃いめのブラウンを選択することで、落ち着いた雰囲気を演出することができます。

革ベルトの手入れ方法

腕時計の革ベルトを長期的に使用するのであれば、手入れ方法を理解して、寿命を延ばしていくことが大切です。手元は汗をかきやすい部分であるため、革ベルトを手入れしないと、すぐに傷んでしまいます。

簡単に行える手入れ方法としては、着用後に布で汗や汚れを全体にふき取ることが大切です。ただ硬い布でふいてしまうと、傷がついてしまう恐れがあるので注意しましょう。

こまめに汗や汚れを落とすだけで、革ベルトの寿命を延ばすことができるので、積極的に実施して、長期的に使用できるように意識することが大切です。

他にも、保管する場合は革用のクリームを塗って、ベルトを磨いていく方法がおすすめになります。クリームで磨けば、品質を維持しながら、革ベルトの寿命を延ばすことが可能です。

また保管する場合は、高温多湿を避けて、ベストな環境で保管することも大切になります。しっかりした環境を整えてあげれば、長く革ベルトを使用することができるので、お気に入りの革ベルトを使い続けることができるでしょう。

まとめ

腕時計の革ベルトは種類豊富で、素材によって高級感や上品な印象を与えることができます。自分の好みによって素材を変えていき、理想的な革ベルトでオシャレを楽しんでいきましょう。

またビジネスシーンには、黒やブラウンの革ベルトで、シックな雰囲気で大人な印象を与えることがおすすめです。取引先の印象をよくすることもできるので、革ベルトの色合いも意識して選択するようにしていきましょう。

革ベルトの手入れ方法は、意識して実施することで、いつまでも綺麗な状態を維持することができるので、積極的に行うことをおすすめします。