スーツを上手く着こなしたり着回したりするためのポイントとは

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツを上手く着こなしたり着回したりするためのポイントとは

スーツを上手く着こなしたり着回したりするためのポイントとは

普段あまりスーツを着ない人でも、スーツに着替えるだけでいつもとは違う気分になります。仕事などで背広をまとう人も多いと思いますが、いつも新鮮な気持ちを持てるように着こなしや着回しなどの工夫も大切です。ここではスーツの着こなしや着回しについて、押さえておきたいポイントなどを紹介します。

必要な背広の数について

スーツを上手に着こなしたり着回したりするためには、ある程度の数を用意しておくことが大切です。

当然のことですが、背広が1着だけしかなかったら、上手く着こなしたり着回したりはできないでしょう。そうかといってあまりにも数が多いと、今度は選ぶのに苦労するかもしれません。そのため自分にとって着こなしたり着回したりするのにちょうどよい、最適な数を把握しておくといいと思います。

人によって保有しているスーツの数は異なりますが、上手に着こなすための最適な数はどの程度なのでしょうか。その前に、みなさんはどの程度の背広を持っているでしょうか?

社会人「ビジネスマン」になると、背広は毎日のように着用する必須アイテムになりますので、やはりある程度の数を用意する必要があります。ただ、洋服自体の値段が高いので、そう多くは持てないかもしれません。もちろん最近は安い値段のものも増えていますが、全体的に3~4着は程度持っている人が多いのではないかと思います。

背広は消耗品でもあり、毎日同じ洋服を着ていると次第に傷みなどが出てきて消耗度も早くなってしまいます。そこで予備の洋服も確保しておくことをおすすめします。その場合のスーツの着数ですが、3着以上が理想と言われていますので、その数を目安に準備しておくといいと思います。

ビジネス以外で必要なスーツとは

ビジネスでは3~4着程度あれば、着こなしや着回りには困らないと言われていますので、これから社会人になる方はもちろんのこと、既にビジネスマンとしてバリバリ仕事をしいる方も、今一度チェックしておきましょう。

ただ、ビジネス以外でも背広は必要になることがあります。それが冠婚葬祭であり、社会人になると増えてくるのが冠婚葬祭で着用するスーツになります。冠婚葬祭の種類にもよりますが、その場合は一般的なもの、つまりいつも着用しているビジネススーツとは全く違うタイプのものを、1着持っておくと安心できます。冠婚葬祭の中でもお葬式は喪服が必要で、お葬式はいつ訪れるか分かりませんので早めに用意しておくといいでしょう。

ビジネススーツを上手に着こなしたり着回したりするためにも、ビジネス以外で必要になるものの準備も忘れないでください。

季節に合わせた着回しや着こなし

背広を上手に着こなしたり着回したりするには、季節についての注意も必要です。

背広には夏用と春夏、冬用や秋冬向きのものがあり、季節に合わせたスーツの楽しみ方もあります。このうち春夏向けのものは薄く軽いのが特徴で、全体的に涼しげな着心地感を得ることができます。

また、秋冬のものは保温性があり、全体的に暖かみのあるカラーが多いのが特徴です。このように季節によって背広の種類は異なりますので、それぞれの季節ごとに上手に選ぶことも大切と言えます。

背広を上手に着こなしたいという方は、頭に入れておくといいと思います。

上手く着こなせるポイントを確認しておきましょう

ビジネススーツを上手に着こなしたり着回したりするには、各自の工夫が必要です。普段保有している洋服の数や、冠婚葬祭などビジネス以外で必要になるもの、さらに季節によっても変わってきます。このように様々な要素がありますので、ひとつひとつの要素を確認しながら自分なりの方法を確立してみてください。