結婚式に参列する際には何色のスーツを着るべきでしょうか?

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 結婚式に参列する際には何色のスーツを着るべきでしょうか?

略礼服のブラックスーツ

結婚式に参列する際には何色のスーツを着ていけば良いのでしょうか?慶事への出席では、礼服を着用しなくてはなりません。礼服には、正礼装・準礼装・略礼装があります。会社の同僚や友人がゲストとして式に招待された場合には、略礼装(略礼服)を着ていきます。略礼服は、殆どのケースでブラックスーツのことを指します。

ブラックフォーマルの漆黒

ブラックフォーマルの黒は深みのある色

略礼服のブラックスーツをブラックフォーマルと呼びます。冠婚葬祭における慶弔どちらでも着ることが可能です。一般的な背広販売コーナーでは無く、礼服コーナーやフォーマルコーナーで販売されています。幾度も染め直した上品な漆黒が特徴です。「略礼服は何色か?」と問われたら、大多数の社会人は即座に「黒」とお答えになるでしょう。けれどもブラックフォーマルの黒は、例えばリクルート用の背広の黒とは、同じ「黒色」でも深みが全く異なります。両者を並べてみれば、一目瞭然です。社会人なら通常の黒の背広の他に、ブラックフォーマルを1着は所有しておくべきです。

黒以外のカラー

年では結婚式のカジュアル化に伴い、ブラックフォーマルでは無い一般的な背広で結婚式や披露宴に参列する方も増えてきました。厳格な式で無ければ、特に問題とはされません。けれど、何色でも許される訳ではないことは知っておきましょう。白は新郎新婦の色ですので、参列者が着るのはマナー違反です。派手すぎる色も避けてください。黒以外なら、ネイビーやグレーなどのダークカラーがお勧めです。柄は無地が良いですが、シャドーストライプや織柄も許容範囲内です。

ビジネススーツで結婚式に参列する場合

普段着ているビジネススーツで結婚式に参列するなら、チーフやベストによって、フォーマルな場に相応しく服装をアレンジする必要があります。ジャケットの中にベストを着用すると、フォーマル感がグッとアップします。ベストを何色にすべきかは特に迷う必要はありません。ジャケットと同じ生地にしましょう。ポケットチーフもフォーマルシーンにおける必需品です。上手に活用してください。