若者でも似合うダブルスーツのおしゃれな着こなし術とは

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 若者でも似合うダブルスーツのおしゃれな着こなし術とは

若者でも似合うダブルスーツのおしゃれな着こなし術とは

ダブルのスーツと聞くと80年代から90年代にかけて流行したものをイメージする人も多いはずです。
しかし、今現在においてはタイトなシルエットが印象的なスーツスタイルとして若者に人気があります。
落ち着きのある大人っぽさを演出できるのがセールスポイントとなります。問題となるのは野暮ったく見せず、若者にも似合う着こなしのコツを覚えることです。
スマートな着こなしができるように若者にも似合うダブルスーツについての理解を深めていきましょう。

身体にフィットしているのが大前提

若者でも似合うダブルスーツ選びのポイントになるのは身体にフィットしているかどうかです。パンツの長さを裾が靴の甲に触れるようにしましょう。
痩せ型体型の人は明るめの生地を選ぶとともに、厚手のベストを合わせることによってビシッとしたダブルスーツならではの仕上がりとなります。
お腹周りが気になる人は引き締め効果のある濃い色を選択するのがよいでしょう。
身体にフィットするサイズを選択することで太めに見えることを防止できます。若者は特に80年代から90年代にかけてのダブルスーツとならないようにしましょう。

注意点となるのが、ダブルスーツは年齢が高い人が着るものと認識している場合も少なくないことです。
目上の人が多い職場や、外部の人と会う際には着用しない方がよいでしょう。

若者が似合うダブルスーツの着こなしのポイントは3つ

ダブルスーツを若者が着こなすにあたっては3つのポイントを熟知することが大切です。まず腰回りのシルエットをタイトにすることです。
身体にフィットしていないと腰回りのラインはきれいに絞れません。
次に細めのネクタイを選択して、全体のバランスが太くならないように調整しましょう。
そしてワンタックのパンツも視野に入れて選択をしましょう。ノータックと比べるとジャケットのバランスが悪くなりにくいためです。

若者にも似合うダブルスーツの着こなしをするためにはクラシカルなスタイルであるかが重要となります。それほど難易度は高くないものの、かつてのダブルスーツのイメージそのままの仕上がりになってしまう場合も少なくありません。
年配の男性であるのなら年齢に沿う重厚感を演出できるものの、若者の場合は頼れる雰囲気を演出するに至りません。若者はタイトなシルエットであることを重要とし、好感度の高さを演出しましょう。

色によって異なる相手に与える印象

スーツ全般にいえるのはどの色を選択するかによって相手に与える印象が変わることです。若者でも似合うダブルスーツを選択する場合にも注目すべき要素となります。
無地系の色は基本中の基本です。ビジネスシーンでも問題なく着用できるため、迷ったときは無地系の色を選択しましょう。
グレンチェック柄はシャツやネクタイを同系色にまとめることでビシッとした仕上がりになります。

ブラウン系の色を選択する場合もアクセントを付けるためにネクタイを明るい色にし、シャツをダーク系の色にすればクラシカルな仕上がりになります。
春夏の場合はベージュやネイビーといった色が涼しげな印象を与え、秋冬はカラーのトーンを落として重厚感のある仕上がりになります。

まとめ

若者はダブルスーツが似合わないというイメージは間違っています。
80年代から90年代にかけてのものとは全く異なるものであり、クラシカルなスタイルに仕上がります。
身体にフィットしているか、さらには細く見えるためのポイントを熟知したうえでの選択をしましょう。
スマートな着こなしをするのはそう難しくはありません。
ビジネスシーンに適したものがリーズナブルな価格で手に入れることもできるため、思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。