スーツの正しい手入れ法は?長く着るためのポイントを押さえよう!

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツの正しい手入れ法は?長く着るためのポイントを押さえよう!

スーツの正しい手入れ法は?長く着るためのポイントを押さえよう!

平日は常に着用している方が多いスーツは、汚れやシワになりやすいために、習慣的に手入れを行うことが大切です。しかし、自宅で手入れをするためには、どのような方法があるのでしょうか。
今回は、スーツを長く着るために、手入れ方法を解説していくので、参考にしてみてください。

スーツを長期的に使うためのポイント

スーツは黒やグレーといった色合いの物を着用する方が多いため、汚れが目立たないこともありますが、実はかなり汚れが溜まっていることもあるので、放置しておくと、スーツの寿命を縮めてしまう可能性があります。

今回は、スーツを長期的に使用するためのポイントについて紹介していくので、参考にしてみてください。

1.脱ぐ時はポケットの中身を取り出す

仕事から帰ってきた後にスーツを脱ぐ時は、ポケットの中身は全て取り出すことが大切です。ポケットに入れっぱなしになっていると、型崩れしてしまう恐れがあるので、忘れずに取り出しておきましょう。

またスーツのポケットに財布や携帯を入れていたことを忘れてしまい、探してしまうといったことも多いことから、帰宅した後は意識的にポケットの物を取り出すことを意識してください。

2.スーツをかける時はハンガーや場所に注意

スーツを脱いでハンガーにかける時は、ハンガーの種類を意識することが大切です。
スーツ専用の厚みのあるハンガーでないと、スーツの重みに耐えられなくなり、スーツが型崩れしてしまう可能性があります。

ハンガーの型崩れは、周囲から見てもわかるレベルなので、日頃から注意しておくようにしましょう。また細いハンガーでは、スーツの重みに耐えられないので、スーツ専用のハンガーを用意しておく必要があります。

他にも、椅子にスーツをかけてしまう方もいますが、椅子にかけるだけでは、シワになってしまうことが多いので、しっかりハンガーにかけるようにしましょう。

3.定期的にブラッシング

スーツについた汚れを落とすことで、いつまでも綺麗な状態を維持することができ、長期的に使用することができます。そのため、定期的にブラッシングを行い、汚れを落とすように心がけることが大切です。

毎日ブラッシングするのが望ましいですが、何度もブラッシングをするのは大変でしょう。頻度は3日に1回程度で問題ないので、自分が対処できる範囲でブラッシングを行ってください。

スーツにブラッシングをかける方法

スーツの手入れを行う方法として、ブラッシングは基本です。ホコリや汚れだけでなく、外から持ち込んだ花粉などを落とすことができます。

ブラッシングの方法としては、スーツをハンガーにかけ、生地の流れに沿って上から下にブラッシングしてください。小刻みにブラッシングすると、スーツを傷めてしまう可能性があるため、ゆっくりと動かして汚れを落としていきましょう。

ポケットの中も汚れていることが多いので、裏返しにして、溝からホコリを掻き出すようにブラッシングしてください。

スーツの繊維を整えると、テカリや毛玉の発生を防止してくれるので、身だしなみを整えるきっかけにすることができます。定期的にブラッシングを行い、汚れでスーツの寿命が短くならないように意識していきましょう。

まとめ

スーツは日頃の扱いによっては、寿命が長くなったり、短くなることがあるので、大切に扱うことが重要です。ポケットの中身を入れっぱなしにすることは、よくあることなので、スーツが型崩れしないように、常に意識しておきましょう。

手入れ方法としては、ブラッシングを行うことが大切です。
外からの汚れや花粉は、必ずスーツに付着しているので、積極的にブラッシングを行い、綺麗な状態を維持するように意識しましょう。