清潔感の有る無しでオーダースーツの着用イメージは決まります

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 清潔感を大切にしながらオーダースーツを長持ちさせましょう

スーツの清潔さを保つために欠かせない手入れ

オーダースーツの着こなしで忘れてはならないのが清潔感です。
自分にピッタリのスーツを用意したからと言って油断してはいけません。
スーツは日常的に着用します。そのため綺麗さや折り目正しさを保つためには、細かな手入れが欠かせないのです。
ここではスーツの品の良さを長持ちさせるための方法を紹介します。

少しの工夫でスーツの美しさは長持ちします

スーツのシルエットを美しく保つ

毎日チョットした手入れをするだけで、スーツの品質は長持ちします。
まず帰宅したらすぐにハンガーに掛けるようにしましょう。
ハンガーの幅はスーツの肩幅になるべく近いものが良いです。
厚みは3~5㎝で肩先が前方に緩やかにカーブしているタイプがお勧めです。
ハンガーに掛ける前に、ポケットの中の物は全部出すことを忘れないでください。そもそもスーツのポケットにはなるべく不要なものは入れないようにしましょう。
膨らんだポケットはスーツの清潔感を損ないます。
また一度着用したスーツには否応なく汗が染みこみます。
1日着たら次の日は陰干ししましょう。スーツが長持ちするだけでなく、臭いやカビの発生も防げます。

スーツのホコリとシワを取り除きましょう

お洒落なオーダースーツを着ていても、スーツにシワが出来ていたりホコリが付いていると清潔感が失われてイメージダウンになってしまいます。オーダースーツは貴方の体型に合わせて作れていますので既製品よりシワは出来にくいのですが、頻繁に着ている限り、どうしてもシワは避けられません。
定期的なアイロンがけをお勧めします。
専用のシワ取りスプレーや霧吹きなど、手軽なシワ取り方法もあります。また一見ホコリが付いていないようでも、目に見えないホコリがスーツには付いているものです。
ブラシを使用して、しっかりホコリを落としましょう。

スーツをクリーニングに出す頻度は?

社会人として周囲の人々に清潔感を感じてもらうためには、スーツのみでは無く、シャツやネクタイ、靴や小物、ヘアースタイルに至るまで気を配らなくてはなりません。
スーツを綺麗に着こなしている人は、それだけで信頼感を得られます。
オーダースーツを作った以上は、その良さを長持ちさせたいものです。
汗を掻きやすい夏場は2週間に1回、冬場でも1シーズンに1回はスーツをクリーニングに出すようにしましょう。