オーダースーツコンシェルジュはスーツ作りのプロフェッショナルです。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツコンシェルジュはスーツ作りのプロフェッショナル

オーダースーツコンシェルジュとは?

オーダースーツコンシェルジュは、文字通りオーダースーツを作る時にお客さまのさまざまな相談や要望に対して、一つ一つ正解を示していくことです。
採寸に始まり、仮縫いによる微調整、出来上がったスーツを着るときに、ワイシャツ・ネクタイ・靴を合わせることで出来上がりとなるように、色や柄やコーディネートの知識をフル活用してオーダースーツの出来上がりのお手伝いをするのがオーダースーツコンシェルジュの神髄です。

オーダースーツコンシェルジュのすすめ

オーダースーツコンシェルジュの信条

オーダースーツを作る時に一番基本となり重要な作業は採寸です。
採寸といってもただ単に寸法を測るだけということはありません。重要なことは、感性・呼吸・情熱の3つの要素があります。
同じ採寸結果であってもお客さま個々の年齢やライフスタイルによってデザインを変えることが感性です。
お客さまの体型を採寸するときに会話をしながら行いますが、呼吸が合わないと気に入ったスーツには仕上がりません。
少しでもお客さまの要望に応える情熱があればより良いスーツに仕上がることになります。

オーダースーツコンシェルジュが勧めるオーダースーツ

オーダースーツコンシェルジュが勧めるスーツとは、お客さまの体型や好みに合ったスーツですが、ポイントを言いますと、オーダースーツの生地、チェンジポケットから袖までのスタイルや袖口のボタンの数やのディテールのこだわり、お客さまの要望に即したシルエット設計、などのオーダースーツコンシェルジュが細部までこだわったスーツにより、一旦袖を通すと、至福の時が味わえます。

オーダースーツコンシェルジュの決め手

オーダースーツコンシェルジュを選ぶ決め手としては、お客さまとして来店されたときに、感性・呼吸・情熱をもって仕事をしているかどうかということです。
お客さまは、この3つの要素が満足できるオーダースーツコンシェルジュを選べば、出来上がったオーダースーツは、きっと満足のいくものであるでしょう。